日伯友好カップ

鹿島とJリーグ選抜、ジーコチャンネルの撮影に参加

[2018.08.30]

大会2日目のこの日、選手達は、ちょっと珍しい体験をしました。というのも、ジーコのYouTubeチャンネル「Canal Zico 10」の撮影に参加したのです。

最初に登場したのは、鹿島の2人。

Photo_26

撮影内容は、フッチメザでの対戦!
フッチメザとは、簡単に言うと、卓球サッカー。ビーチバレーのサッカー版で、フッチボレーってご存じですか。フッチメザは、その卓球のパターン。卓球台を挟んで、サッカーボールを使って、2チームが対戦するものです。
使っていいのは、頭と脚だけ。1チームは2名で、器用さも、コンビネーションも必要とされます。

Photo_27
Photo_28
ブラジルでは今、すごく流行っているんです。ブラジル代表も、遊びではもちろん、ウォーミングアップに取り入れるほど。ネイマールなんてもう、大好きなんですよ、フッチメザ。
だから、ブラジルの少年達は、普段からやっているんでしょう。対戦したフラメンゴの選手だって、もちろん、そう。鹿島の選手達は、初めて挑戦するだけに、慣れてきた…という頃に、試合終了してしまいました。

続いては、Jリーグ選抜。

Photo_29
Photo_30
「器用な人は?」→「僕、僕!」、「リフティングとか上手い人は?」→「僕、僕やる!」と、出演を取り合いになるほど、始める前から盛り上がったJリーグ選抜ですが、やっぱり初めての挑戦だけに、つかんだっと思った頃には、試合終了してしまいました。
でも、楽しかったから、良かった、ということで。
この撮影、YouTubeにアップされたら、お知らせしますね。

ちなみに、Jリーグ選抜の選手達は「自由に卓球台、使っていいよ」と、撮影スタッフに言ってもらったものだから、みんなで遊び始めました。

Photo_31
日本でも是非、流行らせてください ♪

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >