日伯友好カップ

鹿島、ポルトゥゲーザに勝利で決勝トーナメント進出

[2018.08.30]
日本ブラジル友好カップ2日目、日本勢最初の試合は、朝9時にキックオフした鹿島アントラーズ対ポルトゥゲーザ。

2times
試合は立ち上がりから、完全に鹿島ペース。前半から順調にゴールを重ね、まずは2対0。

Photo_3
Photo_4
Photo_5
Photo_6
ハーフタイムには、落ち着いて確認作業をし、後半に臨みます。

Photo_7
この試合の前半、昨日対戦したアトレチコミネイロの下部組織コーディネーターのマルケスさんが、ポルトゥゲーザを視察したのですが、圧倒的な強さを見せる鹿島に、再び目を奪われ「シュートがいいし、パスもいい。簡単にボールを支配する。」と語っていました。ちなみに、このマルケスとは、Jリーグの名古屋グランパス、横浜F・マリノスでもプレーした、あのマルケスですよ!

Depoisdegol1
Photo_8
Photo_10
Photo_11
Photo_12

後半もさらに2点を追加し、最終的に4対0と完勝。そして、鹿島アントラーズはなんと、第2節にして、決勝トーナメント進出を決めたのです!

Photo_13
Complaca
この試合の後、第3節の相手であるヴァスコダガマの監督が、鹿島の天野監督のところに、挨拶にやってきました。「いいチームだね。良い試合だったよ!」と、向こうからわざわざ言いに来てくれるほど、鹿島、尊重される存在となっています!

<試合>
鹿島アントラーズ 4対0 ポルトゥゲーザ

GK 高橋(川田)
DF 山口、福原、溝口(速水)、小林
MF 村山(小村)、伊藤、渕上、磯良(五町)
FW 菊池(佐藤)、中山(垣田)

鹿島アントラーズの得点者
(1点目はポルトゥゲーザのオウンゴール)
中山隼(2点)、菊池快

★菊池快選手の感想

Photo_14

昨日は、相手のプレッシャーがすごく早くて、フィジカルもすごい強くて驚いたんですけど、チームとしてまとまって相手に向かってできたんで、良かったと思います。

個々の力では、向こうの方がうまいと思うんですけど、チーム力で数的有利を作るのは、やっぱり自分達の方が上だと思います。


今日は、昨日よりもプレッシャーを早くして、相手がいやなプレーができました。


この大会の目標は優勝。自分としては、もっとチームに貢献して、いいプレーをしたいと思います。



★天野圭介監督の総括

Photo_15

相手が立ち上がりから守備的な布陣で来たので、もう少し前から来るのかな、と思っていたんですが、1つゴールを取れれば、自分達のペースに持ち込めるかな、という状況でした。その中で、きちんと自分達でボールを保持して、サイドから攻撃をしかけようというところで、少し手こずったところもあったんですけど、前半にゴールを奪うことがでました。


その後は、完全に主導権握って、1試合を通してプレーできたので、非常に良かったんじゃないかな、というふうに思います。


この後の試合によると思うんですけど、明日も勝って、次に進めるように頑張りたいと思います。


★この試合は、ジーコのFacebookで生中継されました。現在も、録画で視聴できます。
リンクはこちら
https://www.facebook.com/ZicoOficial/videos/754277818248150/

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >