日伯友好カップ

ノルテ、フラメンゴに敗戦で1勝ならず

[2018.08.31]

日本ブラジル友好カップ第3節、アントラーズノルテはフラメンゴとの対戦。前半から2点を先制されてしまいます。

Imgp3490
Imgp3509
Imgp3510
Imgp3512
これまでやってきたことを出し切る最後のチャンス。ハーフタイムの確認作業も、みんな真剣です。

Photo_8
そして臨んだ後半。ノルテが意地を見せ、2得点をもぎ取ります!

Imgp3522
Imgp3525
Imgp3529
しかし、フラメンゴもここまで2戦からメンバーを変えてきていたとは言え、そう簡単にはやらせてくれません。さらに2点を追加され、最終的に2対4。最後に1勝をつかめず、悔しい、悔しい結果となりました。

Photo_9
Photo_10
この第3節をもって、公式戦を終了したノルテ。試合後、ジーコの息子であり、ジーコ10サッカースクールの会長でもあるチアーゴ・コインブラさんから、大会参加記念の盾が贈呈されました。チアーゴはキャプテンの肩を叩いて、健闘を称えてくれました。

Photo_11
Photo_12
<試合>
アントラーズノルテ 2×4 フラメンゴ

GK 千葉
DF 伊藤(原田)、山口、河井(古村)
MF 大山、岩瀬(海老沢、會澤)、沓澤、森山、小野崎
FW 福地(大輪)、角

ノルテの得点者
角遥夢(2得点)

★中野洋司監督の総括

Photo_13

2対2になって、そこから1つ、もう1歩っていうところまで来たんですけど、まぁちょっと、ミスからやられてしまったところがあるんで、これをやっぱり、今後のサッカー人生に活かして欲しいと思いますね。


(Q:選手が感じたであろうこと)やっぱり、自分達が通用するところも、結構あるっていうことを、感じたんじゃないかなと思います。ただ、勝負所を感じる力や、2対2になってからの相手のパワー、そういうのは、やっぱり感じて欲しい。試合の流れを読む力というか、そういうのは、差としてあるかなと思います。


(Q:この経験をもとに、今後の指導で)基準を下げないようにしたいと思います。まぁ、日本よりレベルは間違いなく高いので、ブラジルではどうだったか、というのを、基準として求めていきたいと思います。

ブラジルとの差は感じましたが、選手達の努力次第で、越えられる差ではあるのかなと思います。


★試合後、中野監督が選手個々を呼んで話し込んだり、チーム全体に話しかけたりしている様子が印象的でした。この経験をどう活かすかは、選手1人1人にかかっています。頑張れ、ノルテの選手達!

Photo_14
Photo_15

★この試合は、ジーコのFacebookで生中継されました。現在も録画でご覧頂けます。
リンクはこちら
https://www.facebook.com/ZicoOficial/videos/916268858565901/

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >