日伯友好カップ

ノルテ、グレミオに接戦の2対3

[2018.08.30]

日本勢の2試合目は、10時45分キックオフの、アントラーズノルテ対グレミオ。グレミオはブラジル南部の雄であるだけでなく、昨年はトップチームがクラブワールドカップにも出場した強豪です。

Imgp3186
Imgp3187
Imgp3202
前半は、そのグレミオに2点を奪われ、0対2。

Roda
しかし、ハーフタイムを経て、ここからノルテの反撃が始まります。

Imgp3206
Imgp3210
Imgp3214
Imgp3215

Imgp3216
後半、グレミオには1点を追加されますが、ノルテも2点を奪い、強豪を慌てさせます。激闘は最終的に2対3。大きな収穫となりました。

Imgp3220
Imgp3226

Imgp3234
Imgp3235
Imgp3244
それにしても、グレミオの選手達、身長が高い!

Photo_16

<試合>
アントラーズノルテ 2×3 グレミオ

GK 金子
DF 伊藤、山口、原田(大輪)
MF 大山、沓沢、森山、會澤(岩瀬)
FW 福地、角、古村(小野崎)

ノルテの得点者
岩瀬智哉、角遥夢

★中野洋司監督の総括

Photo_17

セットプレーとミスから取られたので、非常に苦しい展開だったんですけど、選手は本当にあきらめずに、最後、結果がどうなるか分からないところまで持っていってくれたので、頑張ってくれたと思います。

(Q:昨日からの変化)今日の特に後半から、プレッシャーに慣れてきて、ボールもしっかりキープできるし、落ち着いてやれば、やれるっていうことが、分かったように思います。やっぱり、昨日より今日、今日より明日、成長して、日本に持ち帰った時に、良くなったね、というふうに持って行きたいので、明日、本当にまた全力で戦って、何かを感じて欲しいと思います。


文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >