日伯友好カップ

鹿島、ヴァスコにまさかの0対4

[2018.08.31]

日本ブラジル友好カップ3日目は、グループリーグ第3節。すでに第2節で準々決勝進出を決めた鹿島アントラーズは、やはり、グループリーグ突破を決めているヴァスコダガマと対戦しました。

Antesdejogo1
決勝トーナメントの準備のため、これまで出場機会の少なかった選手を起用して臨んだ鹿島。しかし、前半から2点を奪われ、苦しい展開となります。

Imgp3444
Imgp3448
Imgp3451
Imgp3460
Imgp3462
立て直しを図りたい後半、なんとさらに2点を追加され、一方で、ゴールを奪えなかった鹿島。終わってみれば、0対4。いつもは元気な鹿島の選手達も、試合終了のホイッスルを聞いた瞬間、さすがにがっくりと肩を落としました。
明日の雰囲気に期待しましょう!

Imgp3466
Imgp3468
Imgp3481
ヴァスコの選手が、鹿島の選手の胸を、ぽんっと軽く叩いて励ましてくれました。共に戦った者同士、こうした気遣いも、友好カップの1つです。

Imgp3482
<試合>
鹿島アントラーズ 0×4 ヴァスコダガマ

GK 川田
DF 山口(村山)、速水、小林(溝口)
MF 五町、小村、磯良(伊藤)
FW 垣田、佐藤、小出(渕上)、中山(福原)

★天野圭介監督の総括

Photo_2

昨日も勝つことが出来て、ウチもヴァスコの方も、お互いに決勝トーナメント出場が決まっている状態だったんで、体力的に余裕のある選手を中心に先発を構成して、ゲームに入りました。

その中でも、個人としても、チームとしても、やるべきことを整理して臨んだんですけど、うまくいかないことが、ちょっと多かったかなという風に思います。

ただ、明日もう1回チャレンジすることが出来るんで、明日に向けてしっかり準備して行きたいなと思います。

(Q:明日に向けて選手に話したいこと)特に“基準”というところで話をしているんですけど、明日の試合のために何が出来るか、また、自分達の持っている力を、どこまで出せるかっていうのをきちんと整理した上で、自分達の良さを出し、相手の良さを出させないようにしようと、前向きな言葉をかけて、準備したいなと思います。


★補足
天野監督はこの大会でのヴァスコについて、試合ごとに、また前後半でも、メンバーを変え、戦い方を変えている、と分析し、それが出来る監督と選手達に、感服していました。


★この試合は、ジーコのFacebookで生中継されました。現在も録画でご覧頂けます。
リンクはこちら。
https://www.facebook.com/ZicoOficial/videos/246100999380465/
なお、この試合でコメンテーターを務めたのは、鹿島でも指揮を執った、ゼ・マリオ監督でした。

Zemario
文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >