日伯友好カップ

Jリーグ選抜激闘、3対2でボタフォゴを下す

[2018.08.31]

Jリーグ選抜も、第2節に決勝トーナメント進出を決めての第3節。相手も同じ条件のボタフォゴです。

Antesdejogo1_3
強豪同士の戦いで、先制したのはJリーグ選抜。ここまでのメンバーから、ある程度入れ替えて臨んだにも関わらず、力強い戦いは変わりません。

Imgp3579
Imgp3581
Imgp3605
Imgp3622
Imgp3627
1対0とリードして前半を終え、迎えた後半は、ボタフォゴも猛攻をしかけ、チャンスを多く生み出し始めます。GK養津選手のスーパーセーブをはじめ、一丸となって跳ね返すJリーグ選抜。
一旦は同点に返されますが、Jリーグも1点を追加。
ベンチに控える選手達も「行け、行け」「左が空いてるぞ!」といった指示をはじめ、「ああああ!」という叫びも含めて、とにかく元気と集中が切れません。

Imgp3641
Imgp3647
Imgp3658
Photo_3
Photo_4

Imgp3661_2

試合は最終的に2対1。Jリーグ選抜が、これまでの破壊力だけでなく、粘り強さも含め、底力を見せた形となりました。

Photo_5

<試合>
Jリーグ選抜 2×1 ボタフォゴ

GK 養津
DF 阿部、三浦、工藤、木村(中村仁郎、中村尚輝)、恒岡(夏山)、増村
MF 菅原、石井、本田(安藤)
FW 山根(野澤)

Jリーグ選抜の得点者
石井大生、安藤如登

★養津正樹選手の感想

Photo_6

(Q:今日の試合)3戦目ということで、2戦とも勝ち、勝ち、で来てたんで、やっぱりこの試合もしっかり勝って、決勝トーナメントに行けたらいいなと思って、自分もチームもしっかりプレーできて、良かったです。

(Q:ブラジルのチームや選手)ブラジルの人は、体格とかが日本とは全然違って、日本人も大きい人もいるんですけど、やっぱり体つきがゴツくて、すごいです。でも、日本も体の当て方とか、体の入れ方では負けてないので、そこは良いと思います。


(Q:自分のプレー)日本にいる時と特に何も変えず、いつも通り、平常心でやれたことで、セーブもきっと、うまくいったんだと思います

(Q:明日に向けて)今日の夜から、というより、今から、明日に向けて、しっかりチームみんなで準備して、コミュニケーションも取って、決勝トーナメント行って、優勝できるようにしたいと思います。



★田中智宗監督の総括

Photo_7 昨日おとといと、これまで2戦で、ゲームに出れてなかったり、もしくは、出場時間が短かった選手に、出場の機会を与えるっていうことでやりました。
ただ、これが消化試合っていう目的では決してなくて、勝ち点取って、グループリーグを1位で通過するためにやる、というところと、後は、結成して間もないチームなので、当然、この子達の良さっていうのを、僕らがまだ見れてないところもあると思うんですね。だから、その悔しさであったりとか、例えば、俺はこんな事ができるんだぞっていうところを、グラウンドで出してみてくれっていうことで試合をして、モチベーション高く戦ってくれたので、ほんとに嬉しかったです。

(Q:ブラジルのU−15)足元のテクニックがありますし、体の使い方がすごく上手な選手が多くて、そういう、なかなか日本では見受けられない選手と対峙してるんだろうなっていうのは、すごく感じてます。


(Q:その中での勝因)何が勝因なんでしょう(笑)そうですね。でも、僕もやってみるまで分かんなかったんですけど、ひょっとしたらびびっちゃうのかなとか、そういう不安ていうのも、なかったわけじゃないんです。
でも、実際戦ってみたらもう、相手の気持ちを上回るぐらいの気持ちでピッチに立ってくれますし、その中で、個々の特徴っていうのを、たくさん出せています。ブラジルの子達と違った、日本の子達の特徴も出ている。

後はもう、チームとしての一体感っていうのが、日に日にすごく高まってきてて、ほんとに、子供達みんなで、全員で勝つぞっていう気持ちが出てきてるんで、そういうところは本当に、勝因の1つあじゃないかな、という風に思ってます。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >