日伯友好カップ

歓迎式の締めくくりは鹿島

[2018.08.28]

最後に歓迎式に臨んだのは、鹿島アントラーズです。

Photo_24
Photo_25
出迎えてくれた大会コーディネーターのフェルナンド・バヌッチさんの横で輝くトロフィー。その中でも、鹿島の先輩達は、3位のトロフィーや、大会MVPを獲得したことがあるのです。その功績を、今回の選手達が、遠慮無く、乗り越えてくれることを、期待してやみません。

ここまですべての歓迎式に立ち会った、アントラーズの育成部長であり、大会運営にも携わる高島雄大さんからは、今年、ジーコが鹿島のテクニカルディレクターを務めているため、この大会に合流するのが、決勝トーナメントからになること、つまり、ジーコに試合を見てもらうためには、グループリーグを突破し、決勝トーナメントに進出しなければならないんだ、という強い言葉が、各チームに送られました。

Photo_26
Photo_27
そして、1人1人に大会用のパスが手渡されました。

Photo_28
Photo_29
Photo_30
鹿島の指導陣はこちらです。

Photo_31
そして、天野圭介監督の指導の下、ピッチでウォーミングアップが始まりました。

Photo_32
Photo_33
文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >