日伯友好カップ

つくば、コリンチャンスに2点奪取しながらも敗戦

[2018.08.30]

友好カップ2日目、日本勢最後の試合は、午後2時15分キックオフの、アントラーズつくば対コリンチャンス。

2time
強豪続きの対戦にも、一矢を報いたいつくば。
しかし、コリンチャンスも第1節でバングーに引き分けたため、勝ち点3はもちろん、出来るだけ多くの得失点差が欲しいところ。立ち上がりから猛攻を仕掛けてきます。

Imgp3367
Imgp3370
Imgp3376
Imgp3378
Imgp3379
前半、終わってみれば、まさかの0対5。それでも、ハーフタイム、根本監督と選手達は、巻き返しに向けて、話し合い。

Intervalo3
そして、つくばが変わりました。後半、1点を追加されたものの、もっともっとと闘志に燃えるコリンチャンスに対し、つくばも2点を返したのです!

Imgp3386
Imgp3388
Imgp3407
Imgp3409
最終的に、試合は2対6。スコアこそ、悔しい結果となりましたが、崩れることなく、わずかな時間で立て直し、気迫を見せた選手達。試合終了後は、根本監督や森島コーチをはじめ、つくば指導陣が、握手で迎え、1人1人を称えました。

Imgp3414
Imgp3416
Imgp3421
Photo_24

<試合>
アントラーズつくば 2×6 コリンチャンス

GK 岸本
DF 加瀬、岩間(石井)、草野(谷口)
MF 三浦、友部(狩野)、宮内、島野、高木
FW 樋口(須藤)、立山(石戸)

つくばの得点者
加瀬圭紳、須藤輝

★根本裕一監督の総括

Photo_25

昨日の敗戦から得たものを、今日もみんなでチャレンジしようということで、昨日出られなかった選手と、出場時間が短かった選手にチャンスを、という方針で始めました。


前半でスコア、すごく開きましたけど、選手は非常に前向きに、積極的に、やってくれたと思います。後半、あきらめずにチームとしてやった結果、2点、取れたっていうことは、良かったんじゃないかなと思います。


明日ももう1試合あるので、今日のような積極性は失わず、最後はやっぱり一勝できるように、準備していきたいなと思います。


(Q:昨日からの変化)昨日に関しては、多分、スタッフに言われたことしか、イメージなかったと思うんですよね。で、本当にグラウンドに立って、ブラジルの選手とやり合って、あ、こういうことなんだな、っていうのは、分かったはずです。それを経て今日、というところで、昨日よりは、本当に、やれてたと思います。


ただ、コリンチャンスの選手達が、すごく良いパフォーマンスで、それを上回ってきた、というところえ3、また選手達も感じた部分がたくさんあると思いますし、それをまた明日に繋げていってもらえるように、やりたいなと思います。オブリガード!


文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >