日伯友好カップ

第20回友好カップ、グレミオ優勝!

[2017.09.03]

土曜日の晴れた青空の下、CFZジーコサッカーセンターでは、いよいよ日本ブラジル友好カップ、決勝がおこなわれました。
この記念すべき第20回大会の頂点を争うのは、地元リオのフラメンゴと、ブラジル南部の雄グレミオ。

Antesdejogo
Fotodetimeflamengo2
Fotodetimegremio
これまで、大会中はジーコのFacebookで、10試合が生中継されました。
そして、この決勝でコメンテーターを務めるのは、もちろんジーコ。

Zicocomentarista
放送ブースには、ワールドカップ94年大会の優勝監督であり、2006年大会もブラジル代表を指揮した、パヘイラも駆けつけました。
今はブラジルサッカーのご意見番のような立場でもあるパヘイラが、U−15の決戦を見守ってくれたのです。

Parreira
会場は、リオのチームだけに、完全にフラメンゴホーム。
選手の家族やサポーターが駆けつけ、試合の間を通して、熱烈な応援を展開しました。

Photo
Torcidaflamengo
そして日本の4チームもみんなで、この大一番を観戦します。

Japaonaarquibancada1
Japaonaarquibancada2
試合は70分、フラメンゴもグレミオも、互いに譲らない白熱した展開となります。

Photo_2
Photo_3
Photo_4
Photo_5
Photo_6
そして、0対0のまま、シルバーボール方式の延長戦へ。

Photo_7
Tecnicogremio
延長前半10分も、このまま終わりかと思われたその時、グレミオがゴール!

Photo_8
その後は、フラメンゴも最後の力を振り絞り、両チームベンチが全員総立ちになる中、試合が終了しました。

グレミオ、第20回日本ブラジル友好カップ、優勝!

Depoisdejogogremio
この後は、華々しくおこなわれた表彰式と、日本の4チームの心温まる修了式の様子をご紹介します。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >