日伯友好カップ

Jリーグ選抜、フラメンゴと開幕戦

[2017.08.29]

大会スタート。華やかにチームが入場します。
開幕戦を戦ったのは、我らがJリーグ。
相手はブラジルの強豪、ジーコの古巣でもあるフラメンゴです。

Photo_6
Photo_7
Photo_8
試合は、早い時間帯にフラメンゴに先制点を奪われ、苦しいスタート。
さらに、1点を追加され、0対2で前半を終えます。

Photo_9
Photo_10
Photo_11
Photo_12
Photo_13
冷静沈着な松波監督と共に、ハーフタイムで立て直し。

Photo_14
後半、良い形で再スタートを切ったかに思えたのですが、フラメンゴのビューティフルゴールが決まり、最終的に、0対3、悔しい結果となりました。

Photo_15
Photo_16
Photo_17
Photo_18
<試合>

Jリーグ選抜 0×3 フラメンゴ

GK 吉川
DF 城水(中島)、新(福井)、古屋、塩田
MF 荻野、戸田、中村(石橋)、大和
FW 唐山(平川)、角田(野中)

★松波正信監督の総括

Photo_20

(Q:今日の試合の総括)強豪のフラメンゴっていうことで、まぁ、初戦なんで、この場の雰囲気とか、相手の雰囲気に飲まれないようにしようっていう話はしてたんですけども、スタートで、非常にこう、フラメンゴのスイッチが入るのが早くて、受け身になってしまったなぁ、と。まぁ、その時間、少し耐えれば、リズムが出てくるんじゃないかな、という風に思ったんですけども、あの時間帯に失点してしまった、というのが、今日のゲームのすべてだったんじゃないかな、というふうに思います。

(Q:この遠征で選手達に学んで欲しいこと)今日の試合みたいに、球際の厳しさだったり、グラウンド状況が悪くても、しっかりコントロールできることだったり、ゲームに対する意欲っていうのが、ブラジルの選手はやっぱり高いので、そういう日常にないことを、こちらでたくさん学んで、何か、得て帰る、ということ。それに、自分が今まで、とにかく積んできたことが、どれだけ、このブラジルで出来るかっていうことを、しっかりチャレンジしようっていうことで、そこで、何かを得て帰ろうっていうふうには、言ってます。

(Q:指導者としての遠征の抱負)ブラジルの選手は、やっぱりもうこの年代で、本当にしっかりとしたサッカー選手になっているので、それをどう、日本の育成年代に落とし込んでいくかっていう。まぁ、自分はトップも経験した中で、この育成に来ているので、育成でやるべきことっていうのは何かなっていうのを探りながら、ゲームを見ながら、選手を見ながら、自分自身も、どうやってアプローチしていくのかを、学びたいな、というふうには思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >