日伯友好カップ

Jリーグ、大勝で締めくくり

[2017.08.31]

Jリーグ選抜はここまで1分1敗。

1勝をあげて、Jリーグの意地を見せたい3試合目。
相手はアウダックスRJ、育成に主眼を置いたクラブです。
そしてこの日のJリーグ、意地を見せるどころではない、立ち上がりから圧倒的に攻める展開。

Photo_17
Photo_18
Photo_19
Photo_20
福井選手のゴールの際、ヘディングしようとしたボールが鼻に当たったため、流血となりましたが、早急に手当をしてもらい、事なきを得ました。

Photo_21
前半を4対0で終えての、ハーフタイム。
ベンチのムードは、監督の言葉も、選手の姿勢も、気が緩むどころか、ますます貪欲に。

Photo_22
Photo_23
後半、選手同士が「ここからだぞ!」「どんどん行くぞ!」「ゼロ(=無失点)で行くぞ!」と声を掛け合い、気合いの入った展開。
相手も巻き返しをはかってきますが、抑えきり、最終的に6対0。
力を出し切った、グループリーグ最終節となりました。

Photo_24
Photo_25
Photo_26
Photo_27
Photo_28
Photo_29
Photo_30
<試合>
Jリーグ選抜 6×0 アウダックスRJ

GK 吉川
DF 新(塩田)、古屋(城水)、福井、大和
MF 戸田、石橋、荻野
FW 中島(角田)、平川(野中)、堀内(唐山)

Jリーグ選抜の得点者:福井啓太(2得点)、唐山翔自(2得点)、中島舜(1得点)、石橋翔太(1得点)

Jリーグ選抜も、ジーコから激励の言葉と、大会参加記念の盾を受け取りました。
ピッチの中に関しては、厳しい表情で語るジーコ、終わると笑顔で、みんなと記念撮影してくれました。

Timecomzico
★松波正信監督の総括

Photo_32

(Q:今日の試合の総括)今日は試合前から「点をたくさん取ろう」ということで始めたので、全体的にアグレッシブに、点を取りに行ってくれたと思います。

(Q:選手の変化)やっぱり、サッカーの厳しさ、球際とか、ゴールを奪う、奪われないという、そういう強い気持ちがブラジル人にはあるんで、そういうものへの対応というのが、少しずつ出来てきたとは思うんですけど、まぁ、それを最初から出せない、というのはね、まだまだ、日本の弱さかな、というふうには思います。

(Q:ピッチでの選手同士の声かけ)そうですね、ほんとに最後の方は、キャプテン中心に、そういう声かけが出たんですけど、毎回多分、この大会の中で、戦いながら、徐々に良くなってくる、っていう傾向があるんで、それを最初から出そうよ、というのは言ってたんですけど、まぁ、なかなかそういうとこが出なかった。でも、日に日に声も出るようになったし、1日の成長というのは、選手達には非常にあったと思います。

(Q:監督自身の感触)選手達はもうほんとに、勝ちたいという気持ちが強いし、それを勝たせてあげられなかったっていうのは、僕自身も反省すべき点です。でも、そういうのを僕も体感できて、また日本の日常に帰った時に、いいアドバイスというか、感じたものを、若い選手達に伝えられたら、また日本のサッカーの成長になると思うんで、貴重な経験をさせてもらいました。この貴重な経験を是非、日本に帰って、活かしたいと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >