日伯友好カップ

つくば、初戦はサントスに惜敗

[2017.08.29]

初日の最後を締めくくったのは、つくば。

Photo_50
相手は強豪サントス。プロだけでなく、育成にも定評があり、昨年の友好カップ優勝クラブでもあります。
しかし、つくばは臆することなく、思い切った戦いぶり。
先制点を奪われますが、0対1で前半終了。

Photo_51
Photo_52
Photo_53
Photo_54
Photo_55
ハーフタイム、気合いはそのままに、しかし、落ち着いて確認し合うつくば。

Photo_56
Photo_57
後半、サントスに追加点を許しますが、その後、つくばも1点を返します。
しかも、CKからのビューティフルゴール!
最終的にはトドメを刺されて1対3で終わりましたが、あのサントス相手に、この戦いぶり。
今後に繋がる試合となりました。

Photo_58
Photo_59
Photo_60
Photo_61
Photo_62
Photo_63
<試合>
つくば 1×3 サントス

GK 鈴木
DF 新妻(堀江)、菊池、浦野、菅谷、関口
MF 柳橋、清水(屋宜)、佐藤(篠宮)、舟橋(山口)
FW 高木(小堤)

つくばの得点者:篠宮潤哉

★根本裕一監督の総括

Photo_64

(Q:今日の試合の総括)初戦ということで、選手達は多分、固くなるんじゃないかと思ってたんですけども、試合開始から一生懸命やってくれました。選手達に話したのは、一番、イイ相手というか、去年の優勝チームと、初戦で当たるということで、思う存分、全力出してやろうよ、というところでは、成果があったんじゃないかなと。まぁ、結果的には負けてしまったんですけど、また明日、あさってに繋がるチャレンジが出来たんじゃないかなと、そんなふうに思います。

(Q:この遠征で選手達に学んで欲しいこと)なかなか南米の選手達とやる機会はないですし、子供達には、今まで積み上げてきたものが、どれだけ通用するかっていうことと、またここで、同世代の海外の選手達がどれほどのものかっていうのは、知って欲しいな、というのはあります。それをまた、今後に活かすっていうこともありますけど、明日の試合のところでも、活かして欲しいなと、そんなふうに思います。

(Q:指導者としての遠征の抱負)この大会は、今年で3回目、参加させて頂くんですけども、僕個人としては、たくさんのトップレベルのチームが集まっている中で、その監督さんとかコーチとか、というところが、子供達とどんなふうに、どういう関わりをしているのかな、というところを一つ、今年は勉強を…、言葉は分からないんですけども、見ながら、感じるものがあればなと。

また、子供達にチャレンジしろって言ってる分、僕もチャレンジするっていうところでは、大会3回目になるっていうことで、より積極的に。例えば、サッカーのこととか、どうしても攻め込まれる時間帯があるんですけども、そこはなるべく、攻撃の時間を増やしていくようなチャレンジをしていくっていうことと、そのための選手起用だったり、交代だったり、というところも、積極的にやっていきたいなと、そんなふうに思います。


文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique


in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >