日伯友好カップ

ノルテ、最終節でゴールをもぎとる

[2016.09.01]

ノルテのグループリーグ最終節、相手はCFZブラジリア。

Photo
先制したのは、我らがノルテ!
リオに来て3試合目、ついにノルテがゴールをもぎとりました。

Photo_2
Photo_3
Photo_4
そのまま1対0で折り返し。
残念ながら、後半に1点を返され、最終的に1対1の引き分けとなりましたが、善戦は続き、ここまでの集大成を見せてくれました。

Photo_5
Photo_6
試合後、ジーコから大会参加記念の盾を贈呈されると共に「ここで得た経験を、日本で活かして頑張って欲しい」と、激励の言葉がありました。

Photo_7
さらに、ジーコからノルテの選手達へのプレゼント。
ノルテの選手とスタッフ、1人1人と一緒に、2ショットの写真を撮ってくれると共に、やっぱり1人1人と、温かい握手と笑顔が交わされました。

Photo_8
<試合>
ノルテ 1×1 CFZブラジリア

GK 大和田(雫石)
DF 鴨志田、稲葉、大槻(満島)、高橋
MF 大山、野口、小川、竹内、保坂(関口)
FW 久保田

★天野圭介監督の総括

Photo_9 対戦相手ともお互い、負け、負けで来ての予選リーグの3試合目。やってきたことをしっかり出し切って、みんなで勝ち点3を取ろうという話をして、試合に臨みました。

立ち上がりからボールを握って、チャンスを作り、その中で、3試合目にして初ゴールを奪うことができました。それで、1対0で前半、折り返すことができたんですけども、後半、不用意なファウルから、相手に直接FKを決められたと。そこから攻勢に出て、またなんとか勝ち越そうと全員でやっていって、決定機も作っていったんですけど、そこで取れなかったっていうことは、そこがやっぱり、攻撃面での課題。やっぱり技術のところとか、最後ゴールを決めるっていうところなど、繰り返しの練習が必要かな、と思います。

ただ、この3日間通して、そしてこの3試合目でも、選手達はほんとに最後までファイトしてくれたんで、この3日間の成果を、ピッチで表現できるところまでは来たのかな、というのは、思います。

でも、まぁ勝ち点3取りたかったな、というのが、正直な気持ちです。

(Q:監督が得たもの)ここ数年間、大会に来させてもらって、ブラジルの本当に強いチーム、今回で言えばサントスやフラメンゴとやらせてもらえる中で、まだまだ日本では、中学生年代で“ここまで”と思ってやっていることを、さらにもっと上に上げていかないと、例えばディフェンスラインのことであったり、守備のこととかもそうですけど、本当に細かいところまでやっていかなかったら、高いレベルのところでは、到底通用しないなと。

そういった意味では、日本での日常の中で、もっとレベルをあげて、こだわりをもっと高く持つように、ということをもっと言っていかなければ、選手達に“高いレベル”っていうのは、なかなか伝わらないのかなと。

こういう、本当にトップレベルのところを基準にして、毎日を過ごさなければいけないな、というのを、あらためて痛感しているので、明日から、またすぐに繰り返して、良い結果を出せるようにしたいですね。

そういった意味では、鹿島チームも決勝トーナメントに上がりそうなところまで来てますし、そういう思いを持って、全員でやっているので、それをまた積み上げて、チャレンジしたいなと思っています。


文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >