日伯友好カップ

アントラーズ、決勝トーナメント進出!

[2016.09.01]

アントラーズのグループリーグ最終節、相手はヒオグランデドスウ州の2大クラブの1つ、インテルナシオナウ。
アントラーズは引き分ければグループリーグ突破、対するインテルは勝つことが条件、互いにこの試合に、決勝トーナメント進出がかかった大一番です。

Photo_28
Photo_29
そんな中、ここまで快進撃を続けてきたアントラーズにもカタさが見え、なんと前半に2失点!

Photo_30
Photo_31
しかし、そこからがアントラーズの本領発揮でした。
後半、1点を返すと、あきらめずにチャンスを作り続け、試合を優位に動かします。
そして、アディショナルタイムに入ったその時。
アントラーズ、見事に追加点。
自力で決勝トーナメント進出を決めました!

Photo_32
Photo_33
試合後、悔しさでピッチに崩れ落ちるインテルの選手達を、励まし、立ち上がるのに力を貸す、アントラーズの選手達が印象的でした。

Photo_34
Photo_35
<試合>
アントラーズ 2×2 インテルナシオナウ

GK 山田
DF 小針(中島)、玉木、根本
MF 石井、生井澤、平松(藤井)、高橋(栗俣)、斎藤、染野(菊池)
FW 古谷(杉山)

★中村幸聖監督の総括

Photo_36

本気のインテルに対して、自分達が引かないでやろうと。そういう真剣勝負を、ここで終わらせないで、勝ち点取って、決勝トーナメント行こうという中で、やっぱり、みんな分かっていて、引いたつもりはなかったんでしょうけど、インテルの“アントラーズに勝って、決勝トーナメントに行こう”という迫力と、実力に対して、後手後手に回ってしまいました。

ただ、開始早々2点失った中で、そのままズルズル行きそうな展開ではあったんですけど、彼らが非常に踏ん張って、前半0対2で終えたことで、後半、向こうの足が止まった時に、1点返せました。そしてラスト、ロスタイムで1点取って、自力で勝ち点7を取れた。

こういう試合を経験していくことが、もう本当に、彼らにとって財産になりますし、惜しかったで終わるんじゃなく、それをひっくり返すために、向こうも本気になった時に、自分達の本当の力を出せる、そしてさらに力をつける。そういう試合をまた、明日、あさってと続けていきたいなと思います。
(Q:明日への準備)最初の2戦、先発で出てなかった選手達が、今日5名出て、それも前半で代わるっていう形で、彼らにとっては、非常に難しいシチュエーションでした。それに、相手の勢いっていうのは、非常に素晴らしかったですからね。ただ、この結果を持って、それをまた明日、あさってに繋げる機会を持てましたので、また回復させて、メンバーの選考も含めて準備して、明日に繋げたいと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >