日伯友好カップ

ジーコ、日本勢の戦いを総括

[2016.09.13]

2016年8月、第19回を迎える日本ブラジル友好カップは、例年と同じく、大成功のうちに幕を閉じました。
ジーコ率いる運営スタッフの皆さんは、本当に熱くて、少年達により良いコンディションで戦ってもらおうと、奔走してくれました。
そして、何よりみんな陽気で、その奮闘を楽しんでしまえる、素敵なチームです。
本当にありがとう!

Photo

大会には、今年も日本から、Jリーグ選抜、鹿島の下部組織であるアントラーズ、ノルテ、つくばの、合わせて4チームが出場し、それぞれに熱い戦いを繰り広げ、多くの経験をしました。
ジーコに、その日本勢の戦いを総括してもらいました。

−・−・−・−・−・−・−

Photo_2

今年の友好カップでの、日本の4チームの戦いぶりは、非常に良かったよ。特に、鹿島アントラーズとJリーグ選抜は、非常に良いプレーをしていた。

Jリーグ選抜も、決勝トーナメントに進出してもおかしくなかった。良いサッカーを見せたし、良い選手達がいる。私に言わせれば、大会MVPは、Jリーグ選抜の背番号10(山本理仁)だったよ。

それに、鹿島もそうだ。準々決勝で敗れたが、アトレチコミネイロと最後まで、均衡した試合をした。アトレチコミネイロはその後、準決勝に行き、大会3位になったチームなんだからね。

そういうわけで、日本のチームの大会での戦いぶりを幸せに思うよ。 

もし彼らがあと2,3日でも早く来られるなら、結果もさらに良くなるだろう、というのは、いつも思うんだけどね。


Photo_4

ありがとう、ジーコ!


文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >