日伯友好カップ

Jリーグ選抜、初戦から大接戦!

[2016.08.30]

日本勢の2番手はJリーグ選抜。
相手はフルミネンセ、昨年の準優勝チームです。
リオ4大クラブの中でも、群を抜く下部組織の施設や育成システムを持つ強豪を相手に、先制したのは、Jリーグ選抜!

Photo_14
Photo_15
その後も、取って取られての大接戦。
最終的に2対3。
けれど、勝ってもおかしくない戦いぶりに、観戦しているブラジル人達からも「Jリーグはやるね」と、ささやき合う声が聞かれました。

Photo_16
Photo_17
好ゲームを展開したチーム同士、試合後は、選手達がしっかりと握手を交わし合っていました。

Photo_18
<試合>
Jリーグ選抜 2×3 フルミネンセ

GK 志賀
DF 奥田(森)、和田、半田、
MF 本間、西川、山本(前多)、小倉(宮田)、食野(田邊)
FW 櫻川(西川)、斉藤

★藤崎義孝監督の総括

Photo_19

率直に言うと、勝てたゲームだったし、少なくとも、引き分けられたゲームだったんで、悔しいのは悔しいですね。

ただ、自分達の形で点が取れたシーンもありましたし、押し込んでるシーンもあったんで、あれをやっぱり勝ち点に繋げられるようにしないと。明日、あさってで、勝ち点6を目指して、また頑張ります。


選手達に日本へ持ち帰って欲しいのは、やっぱり、1つのミスで失点に繋がる、逆に、少ないチャンスをものにして、勝ちに繋げるっていうところ。本当にこう、ギリギリのところでの勝負っていうのが、そのまま勝敗に繋がるっていうことを、感じて欲しいですね。

 

逆に、私もそれを、日常からつたえられるようにしたいなと思っています。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >