日伯友好カップ

表彰式、ボタフォゴ第18回友好カップ優勝!

[2015.08.26]

ボタフォゴ優勝の歓喜もそのまま、大会を締めくくる表彰式が行われました。優勝ボタフォゴ、準優勝フルミネンセ、3位フラメンゴにトロフィーが手渡されると共に、ジーコから1人1人にメダルが授与されました。

Photo_19
Photo_20
今年は日本ブラジル外交関係樹立120周年。在リオデジャネイロ総領事館からは、開会式に引き続き、山元毅総領事や関係者の皆さんが駆けつけ、表彰式のプレゼンテーターを務めて下さいました。

Photo_21
MVP、得点王、最優秀GK賞の個人賞受賞選手と、優勝チームボタフォゴの選手・スタッフ全員に、今年も例年同様、ブラジル・カシオさんから、副賞としてG-SHOCKが贈られました。

Gshock
Gshock2
ボタフォゴの選手達は、スタンドの家族やサポーターに感謝すると共に、戦いを見守ってくれた日本の選手達とも、歓喜のハイタッチ。

Photo_22
ジーコが常に語る、育成年代でも重要なU−15のカテゴリーの選手達。歓喜のボタフォゴも、夢の第一歩。今日はたくさん祝って、明日からまたサッカーの夢を追いかけて、毎日頑張ってくれることでしょう。

おめでとう、ボタフォゴ!

Photo_23
★★★

ちなみに…。ジーコは連日、ブラジル全国のイベントやプロジェクトなどに引っ張りだこで、その存在の重要性は、とどまるところを知りません。この日も、日本ブラジル友好カップのプログラムすべてを仕切り、見届けた後は、次の出張への時間ギリギリ。ジーコサッカーセンターまでチャーターしたヘリコプターに乗って、飛び立っていったのでした。

ジーコ、お疲れ様、そして、ありがとう!

Photo_24
文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >