日伯友好カップ

ノルテ、第3節健闘も敗戦

[2015.08.23]

ここまで1勝1敗、勝って決勝トーナメントにつなげたい第3節、相手は強豪コリンチャンス。前半に失点したものの、後半の健闘を見るにつけ、本当に悔しい敗戦となってしまいました。

Photo
Photo_2
Photo_3
Photo_4
試合後、大会コーディネーターのフェルナンドさんから、参加を記念した盾が贈られました。また、今大会から新設された、大会を通してのチーム内MVPには、FWの網中神選手が選ばれました。

Photo_5
<試合>
ノルテ 0×2 コリンチャンス

GK 木村
DF 大川、高野、佐藤、馬目
MF 富山(成島)、本島、福島(檜山)、二瓶(鈴木)、伊藤
FW 網中(篠原)

★天野圭介監督の総括

Photo_6

相手がコリンチャンスで、そのコリンチャンスも今日勝たないと決勝トーナメントに行けない状況で、本気のゲームが出来る、ウチも勝たないと上に行けない状況で、日本ではなく、ブラジルで、ビッグクラブと真剣勝負が出来るというのを、すごく楽しみにしていて、スタッフも選手も、準備のところから戦いに入って、ゲームでも、本当にしっかりやれたかなと。

そういう中で、前半、ペナルティエリアの外からシュートを入れられてしまって、苦しい展開になったんですけど、そこからでも、やるべきことをしっかりやって、チームも個人もしっかり戦って、チャンスを作ることも出来ました。

前半2点取られたんですけど、その2点目も、ちょうどケガで10人になっている時の、ワンプレーでやられてしまったという、本当に不運なところもありましたし、そこから後半立て直して、本当に果敢に攻めてくれました。

正直、ブラジル人よりも、コリンチャンスの選手よりも、しっかり戦って、やるべきことをしっかりやっている、サッカーが出来ている。そういう意味では、最初「戦いに来た」ということを言いましたけど、本当に選手達は、3年間積み上げてきたことを出し切ってくれました。経験をしに来たわけじゃなく、もちろん、得たものもありますけど、出し切った中でのこの結果だったので、必ず、また次に成長に繋がるはずだと思います。負けましたけども、選手達は、本当によく頑張ってくれました。


チームとしての戦い方であったり、戦術の理解であったり、そういうところは、本当に日本の選手達も上がってきています。サッカーの本質というのを、プレーで表現できるようになってきていて、ずる賢さも含めて、勝負っていうものが、身についてきてるなっていう。

ブラジルの選手にまったく臆することなく戦えるっていうのは、今後も続けていくべきことだと思います。ただ、やっぱり個の部分で、あがっては来ているけど、日本のトップレベルの選手と、ここに来ているブラジルの選手を比べた時に、ちょっと差がある。それなら、その差を作らないために、これからの選手も、こういう経験も含めて、やらなきゃいけない。我々スタッフも、この15歳になる前、小学生、10歳のところからの育成も見ているので、それをしっかり活かして、その10歳の子達が5年後、本当に対等に戦えて、すべてにおいて勝るような、状況を作っていきたいなと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >