日伯友好カップ

つくば2戦目、悔しい引き分け

[2015.08.22]

初戦でブラジルの洗礼を浴びたつくばは、そこからが力の見せ所。第2節にして、ピッチの内外で素早く立て直し、CFZブラジリアと互角の戦い、1対1で引き分けました。

Photo_14
Photo_12
Photo_13
Photo_15
<試合>
つくば 1−1 CFZブラジリア
つくばの得点者:望月康平

GK 小野寺
DF 藤原、佐藤、藤沢、谷田川
MF 望月、布施(東郷)、川上、津村(沼田)、金原(熊谷)
FW 大津(貝塚)

★森島修監督の総括

Photo_16

昨日1対4で負けて、今日はみんなで勝とう、という意気込みで入って、結果としては引き分けでしたけども、チャンスも多く作れました。勝ちきれなかったことは残念でしたけども、選手達は、昨日よりも今日、すごく良いパフォーマンスを出してくれました。


良くなったのは、選手達が本当に、戦うんだという気持ちを入れて、やらなくちゃ、というのが、ゲームに表れていたことですね。ここは課題だな、というのは、チャンスが4回あった中で、それをきっちり決めきれなかったというところ。とは言え、すぐに直るもんでもないし、チャンスも増えたので、明日に向けて、良い課題として、修正できるんじゃないかなと思います。


初戦負けて、今日は引き分け。最終日は是非、みんなで勝とうと、チームを1つにして頑張ろうと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >