日伯友好カップ

Jリーグ選抜団長の総括

[2014.09.09]

Jリーグ選抜団長として、リオでチームを支え、かつ大会をつぶさに観察した村山勉さんに、遠征の総括をして頂きました。


★★★★

Photo

ブラジルに来る前から、やっぱり大会なので、出来るだけ上位に進んで、出来るだけ多くの試合をしたいという風に考えていました。決勝まで行けば、そこまでにグループリーグ3試合と、準々決勝、準決勝の5試合ができるので、それを1つの目標として取り組みました。残念ながらグループリーグ敗退ということで、真剣勝負は3試合しかできなかったんですけども、トレーニングや、親善試合も何試合か組んでもらい、良い経験ができました。

結果は1勝2敗ということだったんですけども、スタッフ、選手共に、良い取り組みをしてもらったと思います。残念ながら、ブラジルの強豪クラブには勝てなかったんですけども、良い取り組みが出来たので、これを日本に持ち帰って、将来に繋げてもらいたいと思っています。

やはりブラジルのトップクラブの若い選手達というのは、ボールに対する執着心だとか、勝利に対するこだわりが違いますね。こういうのがやはり、ブラジルサッカーの強さの秘密かな、という風にあらためて感じました。これを日本の選手達にどういう風に伝えたら良いのかな、というのを、もう1回、考えたいと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

 

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >