日伯友好カップ

Jリーグ選抜、強豪を相手に健闘!

[2014.08.29]

Jリーグ選抜の1試合目は、フルミネンセ戦。国内屈指の強豪である上に、育成にも定評のある相手に対し、立ち上がりから押し気味に進めます。相手の監督がベンチの前で「目を覚ませ!相手にいいようにボールを回されてるぞ!」と怒鳴らざるを得ない展開に持ち込み、Jリーグ選抜は決定的なチャンスも作ったのですが、ゴールを決めるには至りません。そのうち、フルミネンセに先制点を決められ、相手に勢いを与えてしまいます。

Photo_24

Photo_25

Photo_26

Photo_27

Photo_28

ハーフタイムには、坪倉監督はまず、選手同士で意見を言い合う時間をあえて与え、その後で、的確な指示。臨んだ後半には、2点目を決められた後、JリーグもPKで1点。朝からの曇り空は雨に、そして後半は豪雨になる中での激戦。その後も惜しいシュートがあったのですが、逆に追加点を与え、最終的に1対3で試合を終えました。

Photo_29

Photo_30

Photo_31

<試合>

Jリーグ選抜1×3フルミネンセ

Jリーグ選抜の得点者:奥抜侃志

GK 高山

DF 前川、橋岡、入間川、柳澤

MF 山田、住田(池田)、芝本、岩城

FW 榎本(奧抜)、仙波

★坪倉進弥監督の総括

Photo_32

立ち上がりからいい感じで入れて、2つほど決定的なチャンスが作れた中で、そこを決めていれば、また違った内容になったんじゃないかと思います。ただ、全体を通して、選手達が自分の良さを発揮しつつあったし、実際にプレーした選手達も、それを感じていたと思うので、そこを次に繋げていきたいと思っています。

Jリーグ選抜が参加して10年目なんですが、まだ1度しか決勝トーナメントに進出していないので、目標は最低でもグループリーグ突破、その後は1試合でも多く進み、できれば決勝まで行きたいですね。

もう1つ大事なこととして、国内では感じられない試合運びだったり、球際のところだったり、攻撃もそうだし、ゴール前で1人1人、何ができるのかっていうのを、テーマとして子供達に与えているので、その辺を少しでも多く感じてもらえればと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >