日伯友好カップ

ノルテ、前半の戦いに成果を発揮も敗戦

[2014.08.31]

ノルテの最終節の相手は、強豪ボタフォゴ。ノルテはここまで2敗、いずれも前半に大量得点される、厳しい試合をしてきました。最後にどうしても、その流れを変えたい。その意気込みと経験が、ピッチに反映された、この日のノルテ。ボタフォゴのサッカーを封じ、0対0で折り返します。

Photo_35
Photo_36
Photo_37

ハーフタイム、ここまで奪えなかった1得点を目指すノルテはもちろん、ボタフォゴも厳しい表情。ボタフォゴは選手を休ませる間、指導陣が集まってミーティング。ノルテのプレーが、相手にさらなる火を付けたのは間違いありません。

Photo_38
Photo_39

そして迎えた後半、とうとうゴールを奪われてしまいました。その後も、崩れたわけではありませんが、さらに3失点。4点目を決め、選手達が勝利したように歓喜するボタフォゴでは、監督が「まだ終わってないぞ!試合に戻れ!」と怒鳴っています。最後まで手を抜かない強豪の哲学が展開されていました。

Photo_40
Photo_41
Photo_42

ノルテの公式戦は3敗。ここで得た経験を、どう今後に活かし、成長に繋げるか、選手と指導陣の、新たな挑戦は、ここから始まります。

Photo_43

<試合>


ノルテ0×4ボタフォゴ


GK 藤田

DF 今泉、青木葉、木村、三代(黒瀬)(富田)、久保

MF 鈴木(加野)、福田(川口)、菅谷

FW 細谷(小柴)、飯塚、


★小笠原賢二コーチの総括

Photo_44

残念な結果なんですけど、1,2試合目は前半での失点が多かったので、その部分の課題を、3戦目でしっかり修正しようということで、今日は0対0で前半折り返し、そこは良く選手達も頑張りました。ただ、負けたっていうことが、また次の課題です。チャンスも作れましたけど、まだまだ、技術的なミスだとか、判断のミスだとかがあり、もっともっとレベルを上げていかないと、やっぱり相手の方が一枚上だから、負けたということですね。とは言え、選手達は一生懸命に戦えたということで、3試合目で、チームとしても良いパフォーマンスが出来たという風には、僕自身は思いますし、選手達にも手応えがあったんじゃないかと思います。

3試合を通して、多分、ドリブルで仕掛ければ抜けるとか、サイドで崩しにかかった時はチャンスが作れている、というふうに、ミーティングでは選手達も話しています。なかなか、やらせてくれないところもありますけども、やっぱり果敢に仕掛けていった時は、抜ける、という手応えが、選手自身にもある。後は、クロスからのチャンスは何回も作っているっていう、選手自身の意識もあるので、そこは、僕も選手達も、もっともっと日本のストロングポイントとして磨いていって良いんじゃないかという、手応えはあります。

僕の指導としては、もっと体を使うだとか、戦うだとかの部分について、考えていきたいですね。まだまだ精神的に甘くて、ああいうフィジカル的にバチバチやってる戦いから逃げたい、という選手もいるんです。スタートで11人の中に選ばれたからには、やっぱりチームの代表ですから、もっともっとファイトして欲しい。技術面では、もっと体を使ってボールをキープするだとか、もっと良い判断をして、シンプルに攻めていく、ということ。もっとよりゴールに近づくことを目指す、という技術の向上を、今後も続けていきたいなと思っています。


★★★★

ボタフォゴ、そしてノルテにも、ジーコから大会参加記念の盾が贈られました。日本勢はこの後もリオ滞在を続け、帰国までにまた違った経験を積み重ねることになりますが、ひとまず、公式戦終了。ジーコからは「ガンバッテクダサイ!」と温かい声がかけられました。

Photo_45

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >