日伯友好カップ

Jリーグ選抜、強豪を追い詰めながらも悔しい敗戦

[2014.08.30]

Jリーグ選抜の2試合目は、初戦に引き続き強豪との対戦、あのブラジルのスーパースター、ネイマールを生み出したサントスが相手です。

Photo_11

その相手に対し、対等に試合を進め、前半は0対0で折り返し。後半はさらにゴール前に攻め込む場面が増え、相手GKがたまらずファウルをして、退場になるところまで追い詰めました。しかし、サントスも1人少なくなったところで、逆に勢いを増し、ついにJリーグ選抜は1点を奪われます。その後も、攻めに攻めるJリーグ選抜、シュートがバーを叩くなど、本当に惜しい場面もありましたが、0対1で、試合を終了しました。

Photo_12

Photo_13

Photo_14

Photo_15

Photo_16

Photo_17

本当に惜しく、本当に悔しい敗戦。試合終了後は、しばらく座り込む選手、涙ぐむ選手も見られました。この悔しさを、最終節にぶつけてくれることに、期待しましょう!

Photo_18

<試合>

 

Jリーグ選抜0×1サントス

GK 高山

DF 前川、橋岡、八方、大西

MF 山田(芝本)、桝谷、仙波

FW 榎本(岩城)、靏、奧抜(住田)

★坪倉進弥監督の総括

Photo_20

昨日の試合を振り返って、少しでも戦う気持ちを高めて、ゴール前の意識に、よりこだわるように伝えたんですけども、数少ないピンチでやられました。こちらもチャンスもあったんですが、最後に決めきれる力、という面で、違いがあるのかなという感じです。

明日に向けて、チャンスをチャンスと感じる力、あとは、ピンチをピンチと感じる力について、話したいと思っています。試合の流れの中で、または状況の中で、本当にパワーを使うところ、というのは、やっぱり自分達で感じるべきところなので、そういうところに気付けるように、伝えたいですね。

★★★★

試合後、ジーコと運営責任者の高島雄大さんが、長く話し合いをしている様子が見られました。最初は真剣な表情で、最後は笑顔も出たジーコ。今大会の日本の選手達の力についてのジーコの評価は、戦いを終えた後に、聞いてみましょう!

Photo_21

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >