日伯友好カップ

つくば、敗戦も最後の1得点に収穫

[2014.08.31]

グループリーグ最終節、つくばはここまで1分1敗、どうしても欲しい1勝を目指して臨みました。しかし、相手は強豪ヴァスコ。この日伯友好カップでも、数多くの優勝を誇るチームに、前半で4点を奪われてしまいます。

Photo

Photo_2

Photo_3

ハーフタイム。中村コーチは「後半、このままズルズル行ったら、何も残らないぞ。ここから何が出来るかだ」と選手達にゲキ。選手達もそれに応え、後半は互いに声を出し合い、相手に簡単には攻撃を許しません。そして、追加点こそ奪われたものの、ここまで無得点、どうしても欲しかった1ゴールが、ついに生まれました!最終的に1対5と、スコアだけを見れば大敗ですが、最後にみんなでもぎとった1点が、選手達の明日に繋がることを、期待してやみません。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

つくばは1分2敗で公式大会を終えました。

Photo_9

<試合>

つくば1×5ヴァスコ

つくばの得点者:フィリップス丈二


GK 三沼

DF 高村(寺門)、榎本、西田、仲澤(岩谷)

MF 武沢、亀山、古川(橋本)齋藤

FW 鈴木(後藤)、フィリプス


★中村幸聖コーチの総括

Photo_10

予選リーグ突破という可能性はかなり低かったんですが、勝利を目指していく、という目標を持って戦った結果、1対5というところで、大きく差が開きました。やっぱり、個々の力の差と、最後に彼らに話したのは、サッカーに日々を賭けている、サッカーに人生を賭けている、というところの差は、これぐらいの差なのではないかな、というところを感じましたね。


選手達は、アトレチコミネイロ、ヴァスコとやってみて、おそらく「できる」という感覚はつかめたと思うんですね。ただ「できる」というところのスタートラインが、おそらく、ブラジルと日本では大きな差があるところから入っていて、じゃあ本当に「できる」んだけど、どうやってそれを上回って、その上を行くか、っていう発想を持ってやらないと、ブラジルに来て、経験をして、帰った、というだけになってしまいます。ブラジルにどうやって追いつき、追い越せ、というのができるか、というところで、僕ら指導者がどういう目線で選手達と日々接していくことができるのかなと。

ブラジル人が人生賭けてサッカーやっていると言いましたが、アントラーズの選手も、アントラーズのトップチーム目指して、人生賭けてやっています。それに対して、じゃあどの部分で勝ってるんだ、と。ボールを動かして、人も動いて、というサッカーは、日本代表も含めて、志向しているところもあるんですが、じゃあ、最後にゴールを決める、ゴールを守るといったところで、Jリーグに来る外国人選手、ブラジル人選手のような選手が最後にいないと、やっぱりこういったゲームを勝ちきれません。だから、いかにそういう部分で勝負を決められる選手、また、向こうに仕事をさせない選手を育てるか、というところにも重きを置かなければなりません。サッカースタイルを志向するだけでもダメですし、選手を発掘するだけでもダメですし、バランス良く、うまく両立しなければ。

その中でも、日本の犠牲心を持ってプレーできる、というところは、ブラジル人のサッカーに賭ける思いにも勝ると思うんで、局面局面だけじゃなくて、もっとトータルで、僕も見なきゃいけないかなと。ブラジル人達のアップを見たり、生活を見たり、文化を見たり、というのも踏まえて、こちらも勝算あるところを持って、挑んでいかないといけないかな、と思いますね。

★★★★

試合後、これで公式戦終了のため、円陣を組んで、話し合ったつくば。一方、ヴァスコはこの後、決勝トーナメントに進みます。どれだけ大差が開いても、ヴァスコの監督は常にベンチの前に立ち、ミスをすれば「散歩しに来てるのか!」注意を促したり、「前に出ろ!」とさらなるアグレッシブさを求めたり。当然とは言え、強豪の姿勢は印象的でした。試合後は、ヴァスコも円陣を組み、監督から選手への話、そして、全員が無事に試合を終えたことを神に感謝して、祈りを捧げました。

Photo_11

Photo_12

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >