日伯友好カップ

アントラーズ、強豪にあと一歩の敗戦

[2014.08.30]

鹿島アントラーズの2試合目は、強豪フラメンゴ戦。ジーコの古巣でもある相手に、アントラーズは良い形で試合をスタートします。しかし、不意を突かれて、前半の間に2失点。

Photo_22
Photo_23
Photo_24
Photo_25

ハーフタイムには、森島コーチの話の後、根本コーチからも、補足の指示。さらに、選手同士でも、互いにアドバイスし合います。このチームの特徴は、まさに総力戦。試合中も、ピッチの中で、またベンチの選手達からも、本当によく声が出るのが、素晴らしいところです。

Photo_26
Photo_27

その甲斐あって、目が覚めたアントラーズ。後半は対等に戦い、さらに、PKで得点をあげ、あと一歩のところまで、フラメンゴを追い詰めます。しかし、ここでタイムアウト。本当に惜しい敗戦となりました。

Photo_28
Photo_29
Photo_30

<試合>

アントラーズ1×2フラメンゴ

アントラーズの得点者:石津駿斗


GK 沖

DF 石川(荒川)、中村、山本、白井(金澤)

MF 平川(新居見)、阿須間、高村、荻沼

FW 渡邊(加藤)、石津


★森島修コーチの総括

Photo_32

結果、負けてしまいましたけども、前半の入りから悪くなく、ただ、ちょっと堅さはあったんで、その前半に2失点しまいました。それが、ちょっと響いたという形にはなってしまったんですが、後半、立ち直って、ウチのチームらしい形が出たかなとは思います。明日3戦目、まだ望みはあるので、選手と一丸となって、勝ちに行きたいと思います。

守備のところは、すごくうまく機能しているので、雑にならずに、丁寧にしっかり自分達のボールにしてから、攻撃に繋げていこう、というところを、明日のゲームに備えて、選手達に伝えて臨みたいと思います。


★★★★

この日、なんとアルシンドがCFZに駆けつけてくれました。鹿島アントラーズOBでもあり、スピードとテクニックで日本中を魅了した「トモダチナラ、アタリマエ!」のアルシンド。大会運営責任者の高島雄大と一緒に、じっくり観戦してくれました。

Photo_33

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >