日伯友好カップ

つくば、死闘を尽くす

[2013.09.01]

ここまで2戦2敗のつくばにとって、何としても勝ちたい第3節。試合前、祈りを捧げる選手の着ている対戦相手のユニフォームは、フラメンゴです。両チーム、ジーコの古巣同士の対戦。しかも、つくばの指揮官は、現役時代、ジーコと共に戦い、そのスピリットを直伝され、今、選手達に注ぎ込んでいるこの男、賀谷英司。

Photo_45

Photo_46

Photo_47

Photo_59

つくばにとって完全アウェームードを醸し出す、フラメンゴサポーターの垂れ幕には「息子よ、闘志を」。フラメンゴはこの試合に、決勝トーナメント進出がかかっています。熱い、熱い1戦は、攻守の逆転も、展開も速い、両チーム、死力を尽くした戦いへ。そして、先制したのは、つくばでした!

Photo_48

Photo_49

Photo_50

Photo_51

ハーフタイム、もう1度気持ちを入れ直して、後半へ。

Photo_52

後半、1点を返されたものの、その後も、押しつ押されつの対等の戦いが続き、このまま1対1で試合終了かと思われた、残り5分。フラメンゴに立て続けに2点を決められ、最終的には1対3で敗れましたが、ジーコスピリットがチーム全体からにじみ出たこの試合は、選手達にとって、今後の自信に繋がるはずです。

Photo_53

Photo_54

Photo_55

<試合>

 

つくば 1×3 フラメンゴ

 

GK 鈴木
DF 勝山、上田、篠塚、磯山
MF 斎木、萩野谷(黒宮)、石川、平野(川松)
FW 高戸、岡沢(亀谷)

★斎木颯人選手の収穫

Photo_56

今日のゴールは、まずセンターバックからロングボールがあがって、そこをうまく自分が取れました。で、うまく味方の大雅に出して、自分が最後、頑張って走って抜け出して、大雅からいいボールもらって、左足でいいコースに決められました。

この3試合通して、1試合目はあんまり慣れてなくて、自分も正直ビビってた部分もあったけど、2試合から、チームでも、自分の思っていることを話すようになって、だんだん良くなりました。3試合目でフラメンゴとやる時は、みんなで絶対勝つという気持ちで臨めて、1,2試合目よりも、自分も良いプレーができたし、良かったかなと思います。

ブラジル人はもう、日本人と違って力もあるし、キープ力もあるし、ボールをもらう前にも、すごい見てるなと。それに、ずっと走ってるみたいなところもあるし、うまいです。

これからは、自分の武器のスピードが、ブラジルで通用したところもあるんで、日本に帰っても、そこを向上したいと思います。夢はサッカー選手です。

★賀谷英司監督の総括

Photo_57

もう最後の3試合目ということで、1戦ごとに、負けてはいますけど、選手達もやろうとしていることが出来てきました。今日の試合も、フラメンゴは勝たないといけないという状況だったと思うんですね。その中で、こちらも守備の方はしっかりやりながら、少ないチャンスでも、得点をしようということで。本当に、前半1対0で。斎木が決めてくれて。

その流れで、後半も良い形で、30分ぐらいまでは、同点にされてからも、みんな本当に落ち着いてプレーが出来ました。まぁ、最後の5分、3分ぐらいの間に2点取られたっていう。頭に当たって入ったという、不幸な2失点目もあったんですが、まぁ本当に攻撃のところでも、慌てずに、少しずつ出来てきました。この経験を忘れずに、日本に持ち帰って、選手達と一緒にやっていきたいなと思います。

やっぱりこう、戦うっていうことは、やっぱり必要なんですけど、団結するというのも、大事ですね。あと、私自身も何年か来て、やっぱり技術的な、止める、蹴る、運ぶ、というところの判断とか、勇気っていうものが、もっと必要かなということを感じたんで、そういうところを日本でやっていきたいなと思います。

ブラジルは、組織的な守備っていうのは、いつもあるんですけど、それ以上に、後ろから繋ぐ意識、というのが出てきたのかなと。ポーンと蹴るだけじゃなくて、繋いでくる。多分、日本とやる時は、日本も引くんで、なかなか出て来られないと思いますけど、ビルドアップをしっかりしながら、縦を狙ったりとか、そういうところが変わってきたのかなと。

でも、守備のところは、同じようにしっかり組織で守って、そういうところは変わっていないと思います。

★試合後

つくばの選手達は、大会総合コーディネーターのフェルナンド・バヌッチさんから、大会出場記念の盾を受け取りました。フェルナンドは、今日の迫力ある戦いを、ジーコにも伝えてくれることを約束してくれました。

Photo_58

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >