日伯友好カップ

Jリーグ選抜初戦は、惜敗

[2013.08.29]

Jリーグ選抜の初戦は、午前11時キックオフ。この試合には、前フットサル日本代表監督のサッポが応援に駆けつけてくれました。サッポは毎年、大会に参加する日本人選手達のために、地元チームとのフットサル大会を開催してくれます。ブラジルサッカーの強さの秘密の1つであるフットサルを、本場で体験してもらいたいと、考えているのです。

Photo_24
Jリーグ選抜の相手は、オザスコ。育成に定評のある、近年急成長のチームを相手に、押しつ押されつ、対等の戦いを繰り広げるものの、先制点を奪われてしまいます。

Photo_25
Photo_26
Photo_27
ハーフタイムには、菅沢監督から、ボードを使った丁寧なポジショニングの確認。熱心に説明を聞く選手達は、冷静そのものです。

Photo_28
そして後半、Jリーグ選抜は常に優位に展開。その正確なパスや連携には、観戦していたブラジル人達から、驚きの声があがるほどでした。しかし、1点を守りに入った相手を破れず、勝ってもおかしくなかった試合ながらも、惜敗に終わりました。

Photo_29
Photo_30
Photo_31
<試合>

Jリーグ選抜 0×1 オザスコ

GK 波多野
DF 平田、関、高橋(崎村)、依田(堀)
MF 矢野(松本)、菊池、北西(高山)
FW 管(杉本)、西田、北原

★関海斗選手の収穫

Photo_33 最初の立ち上がりに1失点して、その後はこっちが押していながらも、その1点を守られた形です。チーム的に、流れ自体は良かったんですけど、その最後のツメで、自分達が気持ち的に甘かったかなと思います。自分の出来的には、もっとテンポ良く散らせれば良かったかなと思います。

ブラジル人と対戦しても、自分達の方が全然やれてたんで、正直言って、なぜ負けたのかと。勝てる試合でした。

この遠征では、まず、フィジカル的に強い相手から、いかに、どうやってボールを奪うかっていうところと、球際には負けない自信があるんで、より一層強くなれるように、明日から、それを気にしながらやっていきたいと思います。


★菅沢大我監督の総括

Photo_34

今日は全く不慣れな相手、日本ではあまり戦えないような相手に、かなり四苦八苦したところがありますね。ただ、ゲームでは、自分達の方が体のサイズも小さい中、どちらかと言うと、単純にゴールに向かっていくって言うよりも、ドリブルだとか、ショートパスを使いながら、ゴールに迫った時間帯はすごく良かった。逆に、それが無くなって、放り込むような展開になると、相手の方が身体的にも高いから、そういう持ち味が発揮できなかった。そんなふうに、両方の時間帯があったと思うんですね。

まぁ、初めて公式戦としては、そんなに悪いゲームじゃなかった。もちろん、即席チームだからこそ、良いゲームとは何か、というのは、勝利しないと分からないところもあるかもしれないけど、みんながポジティブにプレーしたのは、すごく良かったと思います。

世界最高だと言われている、このブラジルという国で、常に勝負のかかった人達と対戦し、日本では味わえない、個人的な彼らのどん欲さだとか、もちろん、テクニックやゲームの運び方、ずる賢さなど、彼らから学べることはたくさんあると思います。我々はまだ日本という、FIFAランキングでも下の国。勝とうが負けようが、相手の良さを1人1人が吸収して欲しい。その中で、自分達の勝利を目指す、ということですね。

個人個人がどう感じて、日本に帰って、それをどう活かしていくのか。そして、この短い期間の中でも、自分を発揮できるようになってくれたら、良いかと思いますね。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >