日伯友好カップ

ノルテ、一矢を報いるも大敗

[2013.08.30]

ノルテの対戦相手も、強豪フルミネンセ。こちらも下部組織専用の、素晴らしい体制と施設を備えた、育成の第一人者です。ノルテが第3戦で対戦する相手、アトレチコミネイロが視察する中、キックオフ。

Photo_46

前半、フルミネンセに先制点を奪われるものの、ノルテもすぐさま同点に返し、意地を見せます。

Photo_42
Photo_43
Photo_44
Photo_45
途中、原選手が腹痛でダウン。薬を飲み、伊藤トレーナーのケアで落ち着いてから、休息を取ります。

Photo_47
その後、前半のうちに追加点を奪われ、1対4でハーフタイム。

Photo_48
Photo_49
後半も厳しい戦いが続き、4点を奪われました。最終的に1対8。明日への立て直しが期待されます。

Photo_50
Photo_51
Photo_52
Photo_53
<試合>

ノルテ 1×8 フルミネンセ
ノルテの得点者:島村風雄

GK 野尻
DF 桐野、柚木、吉田、生井沢
MF 長須、原(杉山)、長草、木原(井坂)
FW 島村、上田(高木)

★島村風雄選手の収穫

Photo_54

ゴールの場面は、フリーでセンタリングがあがってきたので、ヘッドで決めました。ただ、思ってた以上に、ドリブルは出来ているので、自分的には、もうちょい仕掛けてもいいかなと思っています。チーム全体としては、失点が1試合目も2試合目も多かったんで、そこを修正したいです。

ブラジル人の印象は、フィジカルの差とかがすごいです。同じ中学3年生とは思えない感じ。僕らもコンディションは崩さないようにしたいです。

★小笠原賢二監督の総括

Photo_55

まぁちょっと、厳しいですね。選手はやってるんでしょうけど、なかなかプレーで表現できない。なんとなく修正しなきゃいけないことは分かってるけど、言葉に発しながら、ゲーム中、修正できないっていうところが、まだまだメンタル的に弱いかなと思います。8点失ってますけど、そこまできっちり崩されている失点は少ないので、修正していければ、もう少し戦える集団になっていくと思うんですけど、日頃からの甘えが出たりっていうのが、この試合に現れたかなと思いますね。

そうは言っても、戦いに来ているわけだから、前を向いて、良い準備をさせたいと思っています。消極的になればなるほど、自分の良さが出て来ないんで、やっぱりやれているところはやれているし、自分の良いところをどんどん出せるように、自信を持たせることが、一番大事かなと思います。

ただ、好きなこと、自分のやりたいプレーばかりやっていても、うまくなるわけじゃないんで、修正しなきゃいけないところは修正するし、選手達には、謙虚な気持ちを持って、今日、なぜやられたのかということを、自分でしっかり受け止めて、次に繋げていってもらいたいと思います。


得点者の集合写真


大会運営スタッフの要望で、この試合で得点した選手の集合写真が撮影されました。この写真、ノルテにとって幸せなものではないかもしれません。それでも、一矢は報いたんだ、という証しでもあるのです。まだ、勝負は終わっていません!

Photo_56

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

 

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >