ジーコの主張

Facebookによるサポーターとのイベント

[2013.03.21]

2002年よりサポーターとの交流をより深める為に公式ウェブサイトを持つことになった。私はサポーターと近づくための様々な取り組みを非常に楽しみにしていた。
私は色々な意見を聞きたかったが、よせられる量が多くてメールや手紙を読むのが難しかった。何年かはブログも試してみたが、コメント欄では、サッカーにつ いての議論が多く、チェックするのが非常に難しかった。そこで私は、世界のどこでも人々との直接のコミュニケーションが取れるようなものとして新しいツー ルのFacebookやTwitterを紹介された。現在私はほとんどチェックし、時々、特にFacebookで歴史的な写真や話を投稿したり、私がコメ ントしたい事を投稿し始めた。

そして今回はサッカーの試合を通じて実際にサポーターと接することのできるアイデアが生まれた。私はこの企画に直ぐに賛同した。実際にどのようなことにな るか想像できなかった。サイトのスタッフによって準備され17日にイベントが開催された。みなさんからの強烈な愛情表現に対して私は非常に嬉しく思ってい ることを伝えたい。ブラジル各地からジーコセンターまで来てくれた。私と一緒にサッカーするために時間とお金を使った人たちがいる。

多くの人は、特別な日だったとは思えないかもしれない。しかし、そうではない。誰でも個人的な経験やユニークな思い出を持つので、一人一人の表情、笑顔と 涙は特別だ。これらは何よりも私の尊敬に値するものだ。私は、現役時代いつかこのような日が来るなんて想像もせずに、熱心に一生懸命プロサッカー選手とし て生きてきた。しかし、今私はここにいるので、私がお返しできる事は、私がここまで辿り着つくように応援してくれた人々に対して、できるだけの愛情をもた らすこと。

私は、60歳で満足感を感じ、家族や友達と楽しんで、さらに何十年間か前へ進む準備ができている。しかし、私はサポーターとの接触のような瞬間は常に彼ら と私にとって重要であることを意識している。時が過ぎていくと、私の体にも時間が経つことを分かってほしい。膝が腫れて、自然に体力が低下し、私はサッ カーをプレーすることを考える時はもう少しゆっくり行く必要がある。しかし、私は喜んでやることを知ってください。

私は、キャンペーン当選者の22名の方の名前を言うよりも、試合後に彼らからもらったスペシャルなプレゼントについてコメントしたい。その前に、おいし いリブを提供してくれた親愛なる友人のRubens Fachinni Fachinniにありがとう。ところが、プレゼントについては、コメントや写真を通じてキャンペーンに参加した人たちの経路を示す美しい本をグループか ら受け取った。私と同様にフラメンゴの情熱的なファンで、それでも、こんなに私に愛情をくれる。
サッカーが私に与えた喜びは終わりはない。だから、私はいつもサポーターとの関係で受け取ったものをお返しするための楽しい使命を持っていることを覚悟し ている。サッカーをプレーしたり、観てたり、写真を撮ったり、応援したり、そこまでサッカーするために行けなかった人を象徴してサッカーセンターに来てく れた人々を通じてもう一度みんなからの愛情に感謝したい。

ではまた!

3074

in [ジーコの主張] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >