バックナンバー

フラメンゴでの良くない噂

[2012.11.29]

11月25日に、フラメンゴ は下部組織カテゴリで2つのカップを獲得し た。ジュベニールはArtsulを3-0で下し、ジュニオールはPK戦でBotafogoに勝った。多くのサポーターが知らないかもしれないのは、この結果で表面化したのは、かつてフラメンゴの何人かの役員が有害であると言っ た、CFZとのパートナーシップ契約の成果がでていること。 OPGでの ジュニオールから始めよう。選手権の得点王は、私の友達アルシンドの息子でCFZのミリン・カテゴリーでキャリアが始まった、イゴール選手。我々は彼の世話をし、そして私自身が彼を鹿 島に行かせるように手配した。彼が鹿島に残らなかった理由は、話し合った後にイゴールが当時勉強を優先にするという決定で あった。 イゴールは、ラフィーニャやロマリオがいた攻撃側で才能を持つ選手のうちの一人だった。そして面白いことに、ちょうどその二人がCFZとのパートナーシップのおかげで、より直接的 に関与した選手たちである。我々は十数人の選手を受け持ち、逆に若手選手を送った。フラメンゴが成果を得り始めている頃、この作業を中止 する前にはCFZはそれらの補強でリオ選手権の3部に落ちるところだった。 フ ラメンゴのサポーターは、マルセロ・ヴァルヴェルデ、ルコン、アントニイオ、ターレス、ペカ、アメンドインなどの選手を知っているかな?彼らはどこにいるのかな?CFZは、これらの選手たちでたくさんのお金を受けてフラメンゴに傷害を引き起こしたでしょうか?最悪なことに、とんでもないことを言う人たちを信じる人々もいて、だれも何もしな い。 そして、常に非常に多くの 子供たちにプロでチャンスが与えられたが、ラフィーニャがテストを受けてない理由 を不思議に思う…..それはCFZの選手だったため?そして、そのジュニオールの多くの選手は、優秀な仕事をしてジュベニールで2010年に無敗の優勝を飾ったCFZ出身のコーチ、フェルナンド・ヴァヌッチが率いていたことを忘れてはいけない。 ジュベニールでも良いプレーをした、大会の得点王でもあるドゥグラス・バジオはArtsulと の決勝戦の2試合で3得点を挙げ、そして今年(2012年)に73得点を達成した。CFZリオから来たもう一人の有望な若手選手である。 サポーターのみなさんには当時、CFZ-FLAの契約はフラメンゴに有害だったと言う人たちにだまされていたことを証明するためにこれらの事実を伝えたいと思う。時が真実を見せてくれて いる。 また来週! ……

in [ジーコの主張]

全文を読む

イラク代表監督の契約解消

[2012.11.28]

27日の12時、このサイト上でイラク代表監督としての契約を終了したことを発表します。 イラクサッカー協会の契約不履行を理由に、FIFA及びイラクサッカー連盟に対して契約解消の通知をしました。 詳細についてはまた後日報告します。……

in [ニュース]

全文を読む

第1回パワー サッカー・ブラジル大会

[2012.11.21]

11月18日に、グ-ガとジョコビッチとの親善試合で プレーした後、ジーコは第1回パワーサッカーブラジル大会(車椅子利用者がプレーするサッカー)でメダルを授与するためにLagoa区にあ るAABBに向かった。リオ州の二つのチーム(Novo Serと Arouca)とパラナ州の二つのチーム(Quatro por Quatro A と B)の対戦の後、Novo Serが決勝戦を3-0で勝利し優勝を飾った。 イベントのプレゼンターは俳優ティエリ・フィゲイラ。サーファーのリコ·デ·ソウザ、Ibope会長の カルロス・アウグスト・モンテネグロの社長の他,およそ100人が体育館でのセレモニーに出席した。 「私は、社会におけるスポーツの力だけでなく、何らかの障害を持つ子どもたちが自身の力を見せる事の出来る、このようなイベントに積極的に参加させて頂きたいと思っている。そして、これもサッカーをプレーする一つの方法であって、とても素晴らしいと思う」とジーコが述べた。 ブラジル電動車椅子サッカー協会(このイベントの主催者)の会長、リカルド·ゴンザレスは、パワーサッカーが2020年までパ ラリンピック競技の一部になるように願っている。車椅子サッカーは、移動するために電動車椅子に頼る両性の方を対象とする。スポーツは フットサルやサッカーと似たルールを持っている。各チームで4名がコートに入る。フィー ルドプレーヤー3名とゴールキーパー1名。電動車椅子の前に取り付けたフットガードでボールを巧みにコントロールし、そのフットガードは、選手の腹部と足に着用す るベルトと同様に、プレーヤーのガードにもなる。 > ……

in [ニュース]

全文を読む

偉大なテニスプレーヤー と

[2012.11.20]

18日、Engenhãoにてジーコは二人の偉大なテニスプレーヤーに会った。一人はブラジル人のGustavo Kuerten、グーガのニックネームで呼ばれている選手。彼はジーコのファンである事を以前よりインタビューなどで語っている。もう一人は現在の世界ナ ンバーワンのセルビア人ののテニス選手のNovak Jokovic選手。 ……

in [ニュース]

全文を読む

日本代表チームのマスコット犬、ロンメルが天国へ旅立った

[2012.11.18]

ジーコが日本代表監督をしていた2002年から2006年の間に、日本代表団にある特別なメンバーが存在した。チームに同行していた子犬、手島ロンメルであった。 17日にジーコはメールによってロンメルの死去(享年18歳)の情報を受けた。 「私は常に犬を飼っていて、動物に対する愛情は大きい。ロンメルが亡くなったことを残念に思う。私が日本代表の監督だった頃のロンメルとの良い時間を思い出す。我々は、アジアカップを優勝し、2006年のワールドカップに進出した最初のチームだった。 日本でロンメルに初めて会った時、ボタフォゴチームのマスコット、ビリバの歴史を思い出した。ビリバと同様に、ロンメルはチームのトレーニングや試合に帯同していた。そして2006年ワールドカップへ行った。ロンメルと一緒の写真はドイツでのもの」とジーコが話した。 ビリバはボタフォゴのDFマカエが飼っていた雑種犬だった。ビリバは、1948年のリオデジャネイロ州選手権でチームの無敗優勝の象徴のうちの一つとして 認識された。それはカルリト・ロシャ会長のアイデア。ビリバはカルリト会長につれて行かれて大会の全試合に帯同、そして19試合のうち17勝とたった2分 でボタフォゴは13年ぶりの優勝を飾った。 ……

in [ニュース]

全文を読む

イラク代表、2013年の始動はGLUF CUPから

[2012.11.17]

2013年のイラク代表の始動は年明け早々の5日アラブの国々8か国で行われるGLUF CUPにてスタートする。参加国はイラクの他、バーレーン、クウエート、UAE,サウジアラビア、カタール、イエメン、オマーン。 大会はイラクのバスラで行われる予定でしたが、組織委員会がバーレーンへ開催地を変更しました。 イラク代表はクウエート、サウジアラビア、イエメンと同じグループB。6日にサウジアラビア、9日に前回優勝のクウエート。12日にイエメンと対戦する。 ……

in [ニュース]

全文を読む

イラク代表、ヨルダンに勝利!

[2012.11.16]

ワールドカップアジア最終予選、ホームゲーム、ヨルダン戦をカタールのドーハで行ったイラク代表の試合は、85分 Ahmed Hammadi のゴールでイラクが1-0で劇的な勝利を飾りました。 「Ahmed Hammadiは生まれたばかりの孫娘にゴールを捧げてくれると約束してくれた。自分としては大きな幸せである。この勝利で勝点は5となり、我々は多くの困難を抱えながらも最終予選突破の為に戦い続けることができる。」とジーコはコメントした。 ……

in [ニュース]

全文を読む

マテウス選手のSarah Kubitschek病院での治療が決定

[2012.11.10]

うれしいニュースが飛び込んで来た。8月にバハ・ダ・チジュカのビーチでの遊泳中の事故で下半身の自由を失ったEscola Zico 10のマテウス選手がSarah Kubitschek病院での治療が受けられることになった。重度の障害に対するリカバリー対応で世界レベルの同院はブラジリアの本院を中心にリオ・デ・ジャネイロ、ベロ・オリゾンテ、マカパ,フォルタレーザ、サンルイス、サルバドールにネットワークを持つ。マテウスの初診は12月5日。実はこの突然の決定には直轄区副知事である Tadeu Filippelli氏、Rose Rainha書記官の尽力があった。「リオで副知事との会食の際にマテウスの件を頼んでみたんだ。今回の決定は本当によかったと思う」とジーコ。 同病院は政府直轄でSarahの名は首都ブラジリア建設された時の Kubitschek大統領夫人に敬意を表してつけられたもの。 ……

in [ニュース]

全文を読む

おじいちゃんからAliceへの手紙

[2012.11.09]

11月6日の夜に私とサンドラが結婚してから始めての女の子Aliceが誕生した。三人の息子が誕生してからもうずいぶん時が流れた。ジュニオル、ブルー ノとチアゴがそれぞれアリネ、ダヌビアとマリアと結婚し、4人の孫、フェリッペとガブリエル(ブルーノ)、アントニオ(チアゴ)とアルトゥール(ジュニオ ル)を与えてくれた。 そして今は、体長49cmと体重約3キロで誕生した君がいる。私の人生で重要な人だ。本来であれば君のおばあちゃん、サンドラに娘を誕生させてあげたかっ たが、3人の息子に対しておばあちゃんは誇りに思っていると私は確信している。しかしチアゴとマリア夫婦の2番目の子供である君の誕生は神様からの贈り物 であることは間違いない。 私の最初の孫、フェリッペの誕生の時と同様に、しばしば重要な日に自宅から離れなければならない、私が選んだこの職業の為に出席できなかった。でも家族は 理解しているし、君も理解すると思う。私は君がこの手紙を読んでいる時にどうなっているかわからないが、現在のテクノロジーは、君の誕生のような特別な瞬 間を遠くからでも見れることを提供してくれる。これは良かった。iPadを通じて私にこの機会を与えてくれた故スティーブ·ジョブズに感謝する。こっちで はウェブカメラ、そしてサンドラ側でiPadで、私は少なくとも一瞬みんなと一緒にいた。もちろん、同じものではない。両親、祖父母、友人やその瞬間の一 部であるすべての人たちの抱擁の暖かさがない。しかし、間違いなく少し慰めてくれる。 私の孫である君とのこの話しの機会を利用して、色々な方法で送られてきた愛情のこもったメッセージに対してみんなにありがとうを伝えたい。我々に君の存在 を与えてくれた両親、チアゴとマリアにおめでとう。そして、特にこのような瞬間を長い間待ち続けたサンドラにおめでとうと伝えたい。君が私たちの家族に、 より多くの光、平和、調和と幸福をもたらすように願っている。数日後に私も一緒になって祝うことができるでしょう。 Alice,君の誕生を歓迎するよ。そして、君の両親、チアゴとマリア、お兄ちゃんのアントニオにたくさんの愛をもたらしてくれるように願っている。みんなが両手を広げて君のことを待っていた。来てくれて良かった… ここ、ドーハから 君のおじいちゃんより抱擁をおくります! ……

in [ジーコの主張]

全文を読む

イラク代表、ドーハでのトレーニング

[2012.11.07]

ドーハでトレーニングをしているイラク代表は6日、カタール代表との親善試合を翌日に控え午前中に戦術トレーニングを行った。気温も25度から28度くらいで試合時間の気温とほぼ同じくらいだった。 ……

in [ニュース]

全文を読む

Zico Na Área にオズワルド監督がゲスト出演

[2012.11.06]

Tv Esporte Interativo の番組 Zico Na Área に3日 元鹿島アントラーズ監督で現在はリオデジャネイロのボタフォゴの監督を務めているOswaldo de Oliveira監督がゲスト出演した。 オズワルド監督はジーコと深いかかわりのある鹿島アントラーズで多くの優勝を成し遂げた監督である。 ジャーナリストのVitor Sérgioも参加した。 ……

in [ニュース]

全文を読む

鹿島のナビスコ2連覇への激励

[2012.11.05]

11月3日に国立競技場にて行われたナビスコカップ決勝。鹿島アントラーズは延長戦で2-1で清水エスパルスを破り2連覇を達成した。 ジーコは試合前日に日本のサッカー専門誌よりの連絡を受け、激励のメッセージを送っていた。     「カシマにとってまた一つ重要なタイトルのかかったこの決勝、皆に栄冠がもたらされること心から祈っている!。長期の戦いで最も大切な全員のポ ジティブ・パワーが強固な鎖と化す為の努力、さらに皆の信、尊、真、喜を結集させた戦いぶりが酬いられて再びたどり着いたファイナル。ピッチに於いてディ フェンディング・チャンピオンとしての誇りでタイトル保持に向け戦い抜く選手達に皆の結束から生まれる強力なパワーを送ってほしい!幸運を祈念する」 この優勝はジョルジーニョ監督にとっては選手として1997年に、今回は監督として制覇を成し遂げた。 ……

in [ニュース]

全文を読む

< 2012年10月 | | 2012年12月 >