日伯友好カップ

アントラーズ、準々決勝突破!

[2012.09.01]

CTで準々決勝を戦ったのは、アントラーズ。相手はサンパウロの強豪コリンチャンスです。この戦いに臨み、選手達はアントラーズの旗の下、心をひとつにしました。

Photo_13
Photo_14

アントラーズの兄弟チーム、ノルテとつくばの選手達も、応援に駆けつけました。

Photo_18
そして、いよいよ戦いの時が幕を開けます。

Photo_15
Photo_16
試合開始早々、先制したのはアントラーズ。相手の守備を、なんと4人、5人とドリブルで交わした平戸選手のゴール!

Photo_17
続いて、相手GKからボールを奪い、1対1でかわした木村選手のゴールで、前半を2対0で終えます。

Photo_19
Photo_20
後半、コリンチャンスに1点を返されると、守りに追われる時間帯を、必死に耐えきる選手達。

Photo_21
負傷者が出るなど、苦しい時間からが、アントラーズの真骨頂でした。草野選手が相手を突き放す、3点目をゲット。そして、試合終了のホイッスル。アントラーズ、3対1で準々決勝突破!

Photo_22
Photo_23

<試合>

アントラーズ 3×1 コリンチャンス

 

GK 江藤(木戸)
DF 須田、中野(宮本)、垣田、大里(仲田)
MF 千葉(草野)、町田、平戸、色摩
FW 郷古、木村

 

アントラーズの得点者:平戸太貴、木村稜人、草野寿希亜


★郷古悠太選手の収穫

Photo_24

前半はドリブルとかで、前で活躍できたんですけど、後半は相手に押されっぱなしで、ちょっと危ないなっていう場面が何回もあって、大変でした。ブラジル人は、とてもフィジカルが強くて、ちょっと圧倒されるばかりでした。

ブラジルで学んだのは、体の使い方で、キープするとか、パスの速さ、トラップの精度、そういうところです。

これから点を取って、このジーコカップで優勝できればなと思っています。

★賀谷英司監督の総括


Photo_26

前半に2対0になって、後半も、押し込まれた時間帯はあったんですけど、このベスト8に来て、予選3戦の粘り強さっていうのが、すごく出た試合だったと思います。

そういう意味で、守備からカウンターで点数が取れた場面もありましたし、1人1人が今、すごく充実してサッカーに取り組んでますんで、そういう結果として、3対1で勝てたのかなと思います。

選手達は、技術的なことももちろんなんですけど、気持ち、メンタルの面でも成長してくれましたね。さっき言ったように、予選3戦で、厳しい中でも、最後まで自分達で切れずに、集中してやるっていうのは、出来てきましたし、守備も攻撃も、最後まで積極的に出来ているのが、やっぱり成長した部分じゃないかと思います。

また、以前はブラジル人の大きな体格とか、そういうものに、自分達から少し萎縮してしまって、なかなか出来ない部分もあったんですけど、今ではそういうことなく、向かっていけるようになったのも、1つの成長ですね。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >