日伯友好カップ

ウンベルト・ホッシャ、ヴァスコ下部組織コーディネーターからのメッセージ

[2012.09.26]

Photo_6

我々は昨年も、この大会で良い戦いができ、準決勝に到達した。そして、今年は栄冠をつかむことができた。決勝に到達し、優勝したんだ。

ヴァスコは、この日本ブラジル友好カップの第1回から、15年間出場している。いつでも高いレベルの戦いができるし、良い対戦相手がいるからね。アトレチコ・ミネイロや、他のすべてが良い相手だ。毎回招待されて、いつでも参加してきたのは、そんなふうに、非常に良い大会だからだ。

私はいつでもこの大会について、可能な人はみんな、見に来るようにと推薦しているんだよ。ここに参加し、戦うことができないクラブにとっても、実際、見るだけでも非常に重要で、興味深い大会だからってね。

 

我々が対戦した日本のチームは、とても良かったよ。非常に良かった。

日本のチームのことは、今だけじゃなくて、この12年、いや、15年は見てきたんだが、今年の鹿島アントラーズを気に入ったよ。非常に良く組み立てられた、本当に良いチームだった。

それに、大会MVPを獲得した選手は、実際、とても良く長所を活かしていた。他にも、良い日本の選手達を見たよ。その全員を、名前まで覚えてはいないんだが、チームとしてだけでなく、選手個々も良かった。

 

日本は今後も、このような、良い大会に出場し続けることだ。

今日優勝した我々のチームは、今季上半期のリオ州選手権でも決勝進出したんだ。パラナ州で開催された全国トーナメントでも、決勝を戦った。そして、ここでも決勝進出。

でも、その仕事は、今始めたことではない。この少年達は、9歳の時から一緒にプレーしている。もう6年間、一緒にやっているんだ。それで今日、優勝した。そして、今後も必ずや、もっと多くを達成できるだろう。

だから、日本の少年達も、同じようにやっていって欲しい。早い年齢から始め、良い大会に出場していくこと。監督と一緒に、良い練習をすること。そうすればすぐにも、今のヴァスコ・ダ・ガマと同じ段階に到達できるはずだよ。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >