日伯友好カップ

ウェンデルソン・ホーザ大会スーパーバイザーからのメッセージ

[2012.09.26]

昨年に引き続き、大会の総合スーパーバイザーを務めた、ウェンデルソン・ホーザさん。

Photo

 

 

イベントの専門家であるウェンデルソンは、通常は縁の下の力持ちとして運営を仕切り、テレビ中継のあった準決勝・決勝では、こなれた名調子で大会アナウンスも担当するなど、舞台の裏表で奮闘してくれました。

何よりも、ジーコの思いに共感し、この大会をより良いものにしたいという、熱意に満ちたウェンデルソンによって、決勝前のセレモニーや表彰式も、忘れられない感動的なものになったのが、印象的でした。

Photo_3

★ウェンデルソン・ホーザ大会スーパーバイザーからのメッセージ

Photo_4

我々は、この大会を運営するために、ジーコから招かれたことを、幸せに思っているんだ。

私はいつも、2度目の招聘は、1度目よりも重要だ、と思っている。前回、この友好カップでやった仕事が、認められたということだからね。私とフェルナンド・バヌッチ監督の良い仕事が証明された。ジーコが信頼して、今年の友好カップの運営を任せてくれるに値する仕事だったということだ。だからこそ、今年もさらにしっかりやらなければと、責任を持って取り組んだつもりだよ。

そして、この大会が年を追うごとに、ブラジルと日本の下部年代のサッカーにおいて、もっとも重要な大会の1つとして確立されていくことを、非常に幸せに思っている。

 

私がこの大会で最も幸せに思う1つは、日本のチームの成長を見ることだ。この15年間に渡る日本とブラジルの融合は、日本のチームにとって、それだけ有意義だったということだからね。

Jリーグ選抜が予選リーグを突破するのを見られたのは幸せだよ。過去14大会では、まだなかったことだ。

そして、さらに幸せなのは、鹿島アントラーズだ。我々の友達である高島さんがやってきたことがすべて、認められ、効果を生みだし、成果に繋がってきたんだから。それで今年、2012年に、3位にまで到達したんだ。

おめでとう。そして、ありがとう。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >