日伯友好カップ

アントラーズ、迫力のプレーで快勝!

[2012.08.28]

日本勢の初日最後の試合は、CFZで行われました。
相手はリオの中堅クラブ、バングー。アントラーズの迫力あるプレーに、観戦するバングーの選手の家族達の応援は、絶叫に変わります。「日本人も、簡単じゃないよ!」そう言わせるだけの攻撃に対し、ラフプレーの増えるバングー。それでも、アントラーズの選手達は、頭を熱くすることなく、アグレッシブに攻め、着実に守って、2対0と、快勝しました。

Photo_47
Photo_48
Photo_49
Photo_50
ちなみに、アントラーズの選手達は、試合中、よく声が出て、ピッチの中で選手同士、良い連携を取っていました。ところが、ハーフタイムの賀谷監督の指示は「もっと声を出そう」。どんなに良くても、さらに上を目指す、賀谷監督とアントラーズのスピリットが印象的でした。

Photo_51
Photo_52
<試合>
アントラーズ 2×0バングー

GK 江藤
DF 須田(仲田)、中野、町田、大里
MF 小沼(草野)、平戸、千葉(宮本)、色摩
FW 郷古、木村

アントラーズの得点者:木村稜人、郷古悠太

★千葉健太選手の収穫

Photo_53

入り方を意識して、みんなで相手にビビらずにやることを確認し合って入りました。それが立ち上がりから出来て、だんだんと自分達の流れになってきて、点も取れたんで、良い形でやれたと思います。

ブラジル人は、やっぱりフィジカルが強くて、体も大きいですね。でも、自分達でもやれることがある、というのが、今回の試合で分かったんで、次に繋げたいと思います。

ブラジルはサッカーが強い国でもありますし、そういうところで、自分達のサッカーをしたり、自分のプレーを発揮して、やっぱり、少しでも上を目指してやっていきたいと思います。


★賀谷英司監督の総括

Photo_54

ブラジルでは、本当に勝利を目指すんだ、ということでやってきました。それで、立ち上がりから、相手を圧倒するプレーができて、良い形で点数が入りました。2対0ということで、最後まで粘り強く、守備のところも一生懸命で、相手にやらせなかったですし、攻撃のところもアグレッシブに、本当に前に行くっていうところができました。明日の試合にも繋がる勝利になったと思っています。良かったです。

この遠征もそうですが、やっぱり、負けて良い試合というのは、1試合もありません。本当に全力で、ゴールに向かっていくんだ、決めるんだというところ。そして、守備のところでも、相手に負けないという、そういうところを全面に、攻守において出してもらいたいですね。

そして、やっぱりこれまで、日本が決勝トーナメントにいったことがないので、それを目指して、みんなで1つ1つ戦っていきたいと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >