日伯友好カップ

つくば、充実の引き分けスタート

[2012.08.28]

日本勢のトップを切って第1戦を迎えたのは、つくばとノルテ。

つくばはCTでの初戦を前に、じっくりとウォーミングアップを行いました。そして、いよいよ午前10時45分、キックオフ、戦いの始まりです!

Photo_9
Photo_10
つくばの相手は、CFZブラジリア。ジーコが運営するCFZド・リオの姉妹クラブで、ブラジルの首都ブラジリアを代表する強豪です。
しかし、まったく物怖じすることなく、対等に攻め合うつくば。ハーフタイムには、土田監督からも「いいぞ、いいぞ、全然大丈夫だ、いける!」と、激励が飛びます。

後半、相手に先制されましたが、つくばも試合終了間際に、FKで同点に返し、試合は1対1の引き分け。今後への自信に繋がるスタートとなりました。

Photo_12
Photo_13
Photo_14
なお、控えに回った選手が、試合のビデオ撮影を行いました。ベンチにいても、重要な戦力なのです!

Photo_15
<試合>
つくば 1×1 CFZブラジリア

GK 隈元
DF 綿引、高橋、倉田、関根
MF 野田、伊藤、中村、大森(小林)
FW 野中、内藤(中岡)

つくばの得点者:野田悠太


★野田悠太選手の収穫

Photo_18

ゴールシーンは、いつも練習してたFKの場面だったんで、自信を持って蹴りました。

僕ら、サッカーを本格的に初めてまだ少しなんで、ブラジルの人達に少しでも、本当のサッカーを教えてもらいたいなと思います。ブラジル人はフィジカルとかがすごいですね。でも、技術面で言ったら、全然日本人の方が上なんで、あと2試合、頑張りたいです。






★土田哲也監督の総括

Photo_20

ブラジルでの初戦ということで、いつもと違う環境の中で自分達の力を出すという、気持ちの部分を強調したんですが、選手達は立ち上がりか全く物怖じせずに、自分のプレーを発揮してくれたと思います。

逆に相手の方はあまりボールに来なかったので、余裕をもってプレーできて、前半はチャンスが多くありました。そこで点を決められれば良かったんですが、なかなかチャンスをモノに出来ませんでしたね。

後半、相手が仕掛けてきたんで、苦しい時間帯というのが続き、その流れから失点してしまいましたが、選手達はあきらめずに戦って、終了間際のロスタイムに、FKという形ですけど、得点を奪えました。

もちろん本当は勝ちたかったんですけど、スタートとしては、まずまずの出来かなと思っています。

 

今回の遠征では、やはり最初にも言ったように、この違った環境の中で、そしてサッカー王国ブラジルの中で、自分の持っている力を発揮した上で、自分達のプレーがどれだけ通用するかということを、感じて欲しいですね。

実際に肌と肌でぶつかりあって戦う中で、ボールの持ち方や、どういうところにボールが出て来るのか、そういうものを、まずは、自分達が感じて欲しいということが、サッカーの部分での願いです。

それから、人間っていう部分でも、日本人とは違う部分がたくさんあります。それを積極的に、自分達からコミュニケーションとることで、なるべく多く吸収して、プラスにして欲しいですし、逆に日本の良さというのも感じて、帰って欲しいなと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >