日伯友好カップ

アントラーズ第3戦、強豪との力強い引き分け

[2012.08.31]

アントラーズも、Jリーグ選抜と同じく、ここまで2勝で第3戦に臨みます。相手は強豪アトレチコ・ミネイロ。この友好カップでも2度優勝の実績がある、しっかりした下部組織で有名なクラブです。
そのアトレチコ・ミネイロから、アントラーズは先制点を奪いますが、1点を返され、同点で折り返しへ。

Photo_40
Photo_42
Photo_43
半袖で過ごせるとは言え、季節は冬のリオ。日は短く、少しずつ、空が赤く染まり始める時間帯に、後半に突入します。
攻めては繰り返しチャンスを作り、逆に、攻め込まれてはピンチを防ぐ。この日も、ベンチの賀谷監督、北村コーチから、集中力を切らさないよう、常に大きな声がかかる中、息つく暇のない攻防。
結局、勝負はこのまま1対1で引き分け。そして、この両チームが予選突破となりました。

4
5
Photo_44
ピッチから帰ってきた選手達の笑顔。そして、ピッチまで出迎えにいった、賀谷監督と北村コーチの笑顔。抱擁、ハイタッチ、握手。アントラーズ、悲願の決勝トーナメント、進出です!

<試合>
アントラーズ 1×1 アトレチコ・ミネイロ

 

GK 江藤
DF 須田(宮本)、中野、垣田、大里(仲田)
MF 千葉、町田、平戸、色摩
FW 郷古、木村(草野)

 

アントラーズの得点者:平戸太貴


★色摩雄貴選手の収穫

Photo_46

今日もスピードを活かしたドリブルはできたと思うし、守備も、みんな頑張って一丸となって、1点で守ることが出来て良かったと思います。このチームの強みは、みんな仲が良くて、統一性があって、アップからモチベーションあげて、みんなで頑張れるというところです。

ブラジル人は、確かにフィジカルは強いけど、スピードは多分、僕の方があるんで、明日もドリブルを活かして、チームの勝利に貢献したいです。

★賀谷英司監督の総括

Photo_47

第1,2戦とも、選手達は本当に集中して、攻撃にしても、守備にしても、アグレッシブに戦ってくれましたが、今日の試合も、1,2戦以上に、前半から気持ちの入った試合をしてくれたと思います。そういう意味では、もちろん勝って、というのはありましたけど、1対1で決勝トーナメントへ、アントラーズとして初めていける、というのは、ほんとに素晴らしいことだと思いますし、少し、歴史を変えれたのかなと思いますね。

僕自身も3年、ブラジルのこの大会でやってて、勝てなくて、すごい苦しい思いもしたんですけど、日本に帰って、日々、選手とトレーニングして、そういう思いが、この結果に繋がったのかと思います。

1戦1戦、勝とうということをテーマにあげてやってきましたんで、最後の最後まで、みんながあきらめずにやったことが、この結果になったと思います。

選手達には、良くやってくれた、ということを伝えて、後は、明日早いんで、コンディションだけしっかり整えて、良い準備をして、明日に臨みたいと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >