日伯友好カップ

全チーム揃って、プロの試合を観戦

[2012.08.28]

CFZで歓迎式を終え、それぞれ親善試合や練習に取り組んだ、Jリーグ選抜、ジェフ、鹿島アントラーズ、ノルテ、つくばの5チーム。夕方からは全員揃って、本場ブラジルのプロの試合、ボタフォゴ対フラメンゴ戦を観戦しました。

Photo

ボタフォゴと言えば、昨年まで鹿島アントラーズを指揮していたオジヴァウド・ジ・オリヴェイラ監督の、現在のチーム。本来なら、やはり鹿島でプレーしていたフィリッピ・ガブリエウ選手、大宮アルディージャだったハファエウ・マルケス選手も、ボタフォゴでプレーしているのですが、残念ながらこの試合は、ケガのために出場していませんでした。
それでも、エスタジオ・オリンピコ・ジョアン・アベランジェ(通称エンジェニョン)で、フラメンゴサポーターに囲まれて観戦したこの試合。スタジアムの雰囲気に圧倒されながら、選手達は真剣な表情で、見入っていました。

Photo_2

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >