日伯友好カップ

ノルテ第3戦、ついに1勝!

[2012.08.31]

ノルテの第3戦は、アルチスウとの試合。ここまで2敗だけに、これまでの成果の集大成として、ここで勝利をもぎとりたい!その思いを形に変えました。前半に、ノルテ先制!

Photo_10
Photo_11
後半、相手に1点を返されますが、ノルテの選手達は踏ん張りました。小笠原監督の「前へ出せ!」「下げるな!」「しっかりボールを求めろ!」という声に、選手達は積極的な攻撃を展開。2点を追加して、最終的に3対1。
ノルテ、待望の1勝で、公式戦を終えました!

Photo_12
Photo_13
Photo_14

<試合>
ノルテ 3×1 アルチスウ

 

GK 池松
DF 堀内、藤倉、飛田、青木友哉
MF 富田、保井、青木太我、大久保(小林)
FW 飯島(有坂)、影山(江田)

 

ノルテの得点者:大久保賢人、飛田修也、青木太我


★青木友哉選手の収穫

Photo_15

今日の試合では、自分としてはドリブルが通用して、チームとしては、戦うっていうことができました。ブラジル人は背は高くて、足も速いんですけど、足元では結構やれるなと思いました。

この遠征で、海外の選手とやったっていう経験を活かして、これからも頑張りたいです。そして、プロになって、海外のリーグで活躍したいです。






★小笠原賢二監督の総括

Photo_16

最終戦ということで、3対1で勝てたというのは、すごく良かったなと思います。1戦1戦、戦うごとに、チームが1つになりながら、玉際の強さも出て来ました。非常にタフがゲームを、自分達のゲームにしていくっていう、粘り強さも出てきているし、しっかりボールを繋げて、崩しにかかるっていうことも出来ましたので、もう1戦、もう2戦ぐらい、本当はこのチームでやりたいなっていう感じもします。でも、まぁ本当に良くやってくれたなという感じがします。

やっぱり、日本のサッカーと少し違うところがありますんで、玉際だとか、1つ1つの細かい技術なんですけど、そういうところも、選手は肌で感じて、それをモノにして欲しいなと。

ただ、日本のジャッジの基準も違うので、ここに来てできたことが、日本に帰ってもなかなか出来ないのが現実なんですけど、それでもやっぱり、ボールを大事にするとか、ボールフィーディングだとか、キックの質だとか、ヘディングだとか、ほんとに細かい、基本的な技術を大事にしてもらいたいなと。それを選手に伝えていきたいと思いますし、あとは、ゲームで1戦1戦、ハートを持ちながら、魂でサッカーやってるっていうのを、日本でも実践して欲しいなと思っています。

<試合後>

午後は、ノルテとつくばの選手みんなで、兄弟クラブ、アントラーズの第3戦を観戦に行きました。同じく戦いを終えたブラジル人の選手達も、同じスタンドで、大勢観戦していたのですが、気がつけば観戦というより、日本人とブラジル人の、大・交流会になっていました!

みんながごちゃ混ぜになって、ポルトガル語と日本語でちんぷんかんぷんながら、なぜか盛り上がっては、大爆笑。

Photo_17

あ、注目はやっぱり、ブラジル人のリーダーみたいになっちゃてる、この人なんですけどね。アップでどうぞ!

Photo_18

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

 

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >