バックナンバー

イラクのピッチだけに留まらぬ諸問題

[2012.07.28]

私は以前からプロとしてあえて困難に立ち向う、挑戦し続けることをモチベーションとして生きて来た。当時日本のカシマからオファーを頂いた際も同じ気持ちでお受けした。再度ピッチに復帰しカシマを通じ日本サッカーの進化に少しでも貢献すると強く誓った。後に日本代表監督の任を仰せつかった際も同様の気持ちで日本のW杯出場に是非とも尽力する事だけに集中した。 後のウズベキスタンではアジアを制覇するといった大きな目標があった。勿論イラク代表を率いると決まった時もまた新たなる挑戦だった。この国が長年抱える諸問題、戦火により抑圧された国民の方々の苦悩等、全て承知した上で了解した。 しかし実際最終予選にまでこぎ着けた今、予想だにしなかった新たな重大な問題が持ち上がり自分が監督として最後まで任務を全うする事を躊躇させる様な深刻な事態に発展している。実際イラク代表の任を受諾した際、協会側からは2018年W杯本大会出場に主眼を置くという説明があり、私は快諾し早速仕事に取りかかった。選手諸君、ファン、サポーターの皆さんも我々を心から歓迎して下さりまた支持を頂いた。Facebook, Twitter,e-mail等を通じてもたくさんの暖かいメッセージを頂いていた。 この様な現地の反応だけを見ても我々の遂行して来た事はただ単なるサッカーの試合という枠を越えたある種特別な感情を国民の皆さんに与えることが出来ているという確信があった。私自身イラクのサッカーの底力、耐えがたい国の困難にも負けずにプレーを続ける選手諸君のクオリティーの高さを信じていたので、あえて自らイラクに対するFIFAのイメージや扱いが少しでも好転する為に何でも試みた。旧友であるプラティニ氏が会長職を務めるUefaにまで助力を願い出た。 日常に戦火の影響が未だに強く残る現地の実情は本当に悲惨である。本来ならば選手達をサポートすべき立場にあるイラク・サッカー協会は運営機能を果たさず代表の活動にも多大な影響が出る。 例えば9月11日の試合にもリストアップされている7名もの代表選手が所属出来るクラブがなく、練習さえままならない状況であるにもかかわらず、この様な信じ難い状況に対しても協会は無策なのだ。監督として耐え難い状況を目の当たりにせざるを得ない中、さらに自分の手足となり働いてくれていたスタッフまでも失うことになる。 Moraciと Eduへの給料が約10ヶ月間未払金となっており、自分も5ヶ月無給状態であった。アラブ杯決勝終了まではなんとか続けたが、いよいよ限界となり協会と話し合いの場を持った。この状態が続けば実質的に職務の続行は不可能である事を明確にし検討を促しリオに戻った。 現時点の状況から察するに残念ながらイラク協会が打開策を打ち出す事はかなり難しいと感じている。私自身イラクでの今までの仕事について、あの最悪の状況から2014年W杯の最終予選まで進出するまでにこぎ着けた我々が成し遂げた結果に満足している。 さらにこの先チームが本大会への切符を手にする力はあると思っている。唯一不足しているのは協会側の自分達を含め懸命にプロとして任務を遂行している者達への配慮とリスペクトである。特にエドゥの様に以前からイラク・サッカーの国際化に多大な尽力をして来た人物に対しての非礼は見るに耐え難い。協会側との再度の交渉の場が持たれるであろうが私としては職務遂行への安定した保証が成されない限りは職務の続行はほぼ不可能である。暫くは事の成り行きをここブラジルで静観することになりそうである。 ではまた ……

in [ジーコの主張]

全文を読む

Copa Zico 2012のチャンピオン

[2012.07.26]

Copa Zico 2012、エンジェニョンで閉会式が行われた。マラカナンスタジアムがワールドカップへ向けての改修工事中の為、リオ・サッカーのメイン舞台であるエンジェニョンでプレーするチャンスを得た17歳までの少年達。 「今回も活気に溢れた大会となり次に繋げる気持ちを新にした。会場を提供してくれたBotafogoに心から感謝したい」とジーコがコメント。 今大会の注目チームは三つのカテゴリーで決勝に進出した Unia~o。 Sub-11, Unia~o( 4 -0 対 Petropolitanoに勝利して優勝) Sub-13, Oeste( Unia~oとの決勝を制しての優勝) Sub-15, Taquara(やはり決勝て Unia~oに3-1で勝利) Sub-17, Ame'rica(CostaBarrosに対し3-1で勝利) スタープレーヤーとして君臨したAndrade, Mauricio 、 EduがZico、Brunoと共に優勝トロフィー、メダルの授与に参加した。 ……

in [ニュース]

全文を読む

Zicoがエンジェニョン・スタジアムのロッカーにサイン

[2012.07.25]

去る6月30日、Botafogoはエンジェニョン・スタジアムに新築したビジター用ロッカー・ルームと人口芝のピッチを公開した。これに際しリオ・リーグ内での永遠のライバルである Zico,Roberto Dinamite、 Felix の3氏へ敬意を表し肖像を壁に納めた。Zico自身はその日はイラク代表を率いてアラブ杯を戦っていた為に息子であるBrunoが代理 出席をした。しかしながら7月23日には直接エンジェニョンに駆けつけ自らの肖像にメッセージとサインを残した。 去る6月30日、Botafogoはエンジェニョン・スタジアムに新築したビジター用ロッカー・ルームと人口芝のピッチを公開した。これに際しリオ・リーグ内での永遠のライバルである Zico,Roberto Dinamite、 Felix の3氏へ敬意を表し肖像を壁に納めた。Zico自身はその日はイラク代表を率いてアラブ杯を戦っていた為に息子であるBrunoが代理 出席をした。しかしながら7月23日には直接エンジェニョンに駆けつけ自らの肖像にメッセージとサインを残した。 ……

in [ニュース]

全文を読む

ジュニオールの表彰

[2012.07.23]

リオに久々に戻ったZicoは休暇とはいえ、相変わらず忙しく動いている。暫くすると再び中東でイラク代表を率いて最終予選を戦う多忙な日々に逆戻りしなくてはならない。そんな中、21日のAMにカベアのフラメンゴのクラブ・ハウスに姿を見せたZico。実はこの日は記念すべき式典があったのだ。 FLAを通しての戦友であり親友のJuniorの内外に於ける功績をクラブが認め “Maestro Junior of Beach Soccer”アリーナを設立。 「間に合えば必ず駆けつけるとJuniorには言ってあったんだが、本当に良かった。クラブに対する彼の献身、功績が認められた事を誇りに感じる。ビーチ・サッカーに於いても同種目を拡げる為に駆けずり回り、努力した結果が今日の人気に繋がっている。彼の名前がこの様な形で永遠にクラブに残る!なんて名誉な事だろう。」とジーコが語った。 除幕記念ゲームではブラジル・マスターズ代表(Adilio, Julio Cesar,Claudio Adao)が特別ゲストとして参加、 Gottardo, Duiliio 、 Arthurzinho等を擁するリオ選抜と対戦しZicoの2点を含む 4対2で勝利した。アリーナ入り口のパネルは、クラブの歴史に於いて同氏が打ち立てた不滅の記録である865試合出場、獲得タイトル数 38、また数々の歴史的ゴール等を称える。 「自分の実家の様なこのクラブに永遠に自分の名が刻まれるなんて・・・・」ジュニオールは感動と感謝のコメントをした。 ……

in [ニュース]

全文を読む

Romero Britto作の彫像

[2012.07.21]

ブラジルへの帰途、マイアミに立ち寄った Zicoは米国で超有名ブラジル人芸術家の Romero Britto作の彫像を発見。 「ショッピングの最中に同胞のRomero Brittoの彫像に出くわしたんだ。彼はここ米国でとても有名アーティストなんだ。今年のリオのカーニバルでは彼を題材にしたサンバのパレード曲まで創られRenascer de Jacarepaguaがテーマ曲として使用したよ」とジーコは語った。 ペルナンブコ出身の世界的アーティスト Romero Brittoにはサッカーとの興味深い繋がりがある。父方の兄弟の Baltemar Brittoは Santa Cruz SportでDFとして活躍し後 Jose Mourinhoのアシスタント・コーチとしても活躍した人物なのだ。 ……

in [ニュース]

全文を読む

宮本引退試合でのジーコからのメッセージ

[2012.07.20]

2002年から2006年にかけてジーコが率いた日本代表に於いて重要な選手であった宮本恒靖氏(DF)の引退記念試合が先週月曜日に行われた。氏は71年、大阪出身で代表キャップ数は71。“ツネ”の愛称で親しまれ、たガンバ大阪の代表的選手(295試合)であった。2005年J優勝時の主将。今後はキャリアを生かし監督業に挑戦する。残念ながらジーコ自身は氏の引退試合に参加出来なかったが下記のメッセージを贈りセレモニーで紹介された。 「親愛なるミヤモト。素晴らしい引退試合となることを心から期待します。貴方がこれ迄築いて来られたサッカー選手として、またプロ・アスリートとしてのキャリアは称賛に値します。私自身、貴方と仕事が出来たことを誇りに思います。ご家族と共に新たなる分野でのさらなるご成功をお祈りしております。親愛の情を込めて ジーコ」 ……

in [ニュース]

全文を読む

絆を深めたディズニーサッカークリニック

[2012.07.15]

14日にディズニーサッカークリニックが終了した。結果としては前回に以上の盛り上がりを見せ、交流を深めたられたとおもう。今年のクリニックは会場を前回使用した所から変更して、家族がスタンドから楽しめるという利点があった。ピッチで行われている内容が良く見えた為かとても盛り上がったよ。クリニック自体は年齢により3グループに分けて行った。昨日は私も参加してのゲーム形式でしめくくった。最後は全員で写真撮影だったがその際、サプライズで参加選手から皆のサイン入り盾を逆にプレゼントされた。 ……

in [ニュース]

全文を読む

アラブカップ2012でイラク代表は3位

[2012.07.07]

6月22日から7月6日まで行われていたアラブカップ2012において、イラク代表は5日に行われた開催国であるサウジアラビアとの3位決定戦に1-0で勝利した。 「試合の立ち上がりから良い流れでプレーすることができ先制点もとることができた。後半30分までには3人の選手を交代したが、さらに2名の選手は負傷を抱えてプレーした。最後の10分の間、DFとGKの頑張りもあって失点を防ぎ、1-0勝利することができた。ピッチ外の部分ではまだまだ多くの問題を抱えているがこの勝利で3位と賞金$300,000を獲得することができた。」とジーコがコメントした。 イラク代表はアラブカップ2012において、3勝1分1敗。この試合でジーコはイラク代表を19試合指揮し10勝目となった。 ……

in [ニュース]

全文を読む

< 2012年6月 | | 2012年8月 >