バックナンバー

クラブワールドカップ優勝の30週年

[2012.01.23]

フラメンゴが世界一となった1981年12月13日に行われたトヨタカップを思い出すことは常に大きな喜びである。2011年はドーハにいた為に、フラメンゴの元仲間達に会って、史上最大の優勝の30週年を祝うことはできなかった。フラメンゴで我々は単なるチーム以上のものを構築できた素晴らしい時代を過ごし、ピッチ内外で説明するのは難しいほど素晴らしい関係だった。我々が会う時は常にほぼお祝いであることは偶然ではない。 私の人生最大の喜びは、私をマラカナン・スタジアムのスタンドへつれて行くきっかけとなった、心を寄せているクラブ・フラメンゴでの史上最大の優勝に貢献したこだと思っている。当時の写真や映像を再び見て、ゴールやスタジアムの出口でサンバを歌いながら祝福したことなどの思い出が残っている。日本人たちにはあまり分かっていないだろうが、遠く離れたフラメンゴサポーターはブラジル国内の色々なところで盛り上がっていた。我々はどれだけブラジルのみんなと一緒に祝っていたかったかについて、ホテルに着いた時にコメントした。 リバプールとの決勝戦は、試合結果から道のりが穏やかだった感覚を残したかもしれない。しかし、実際にはそうではなかった。我がチームは非常に強い気持ちで戦い、当時争ったタイトルを制覇した。難しい道のりにおいては予選をクリアした。我々は国内で非常に強いチームがいた時に最初のブラジル選手権タイトルを獲得しなければならなかった。それから、ラフプレーに対し、攻撃サッカーの貫いて、我々は初のリベルタドーレス杯を獲得した。フラメンゴは美しいサッカーを見せていた。多くのライバルサポーターは、それを見る為にマラカナンに試合を見に行ってたと事もあった未だに話している。そして我々はピッチ内でラフプレーに直面し、アウェーゲームでは我々の方に向かっていた銃さえ見たこともあった。 一番興味深いのは、我々は当時とても団結力の強いチーム(選手からコーチ陣、用具管理員から社長まで)を持っていたので、その強さを意識していたこと。ピッチにはフラメンゴの団結力と能力が入っていた。それは我々にさらに自信を与えた。 我々のプレイスタイルは間違いなく守備より攻撃的だった。攻撃面に対し守備は得意ではなかったので、ゴールを挙げることは重要だった。我がチームは局面でのポジショニング戦略を持っていた。スペースを占有しボールを持っていた時は、みんなが近づいて突進していた。ボールを失ったときにはすぐに対戦相手を囲むようまとまっていた。それは守備の選手の為にもよかった。そして、現在バルセロナが見せている連携スタイルによく似ている。 我がチームがゲームの組み立てにおいて、あまりインスピレーションがなかった時のための練習があったのを、私は思い出す。コンビネーション・プレーやボールなしでの動き練習を繰り返し行った。全員に目隠しを出来るようだったと多くの人が冗談を言う。例えば我々にはリコとジュニオルというよく動ける選手いた。多くの選手が自分のポジションを変え、それが自然なものになるようにより多くのトレーニングを行っていた。 私は仲間の1人1人について話さないけど、彼ら全員がチームの一員であったことは非常に重要であった。才能、努力と献身さがあった。何よりも、私たちは誰もが常に勝利するために自分自身をより向上させる意欲があったチームを構成した。そして、それら全ては世界の向こう側にさえ出席した12人目のプレーヤー、サポーターによって推進された。 何万人が応援して盛り上がっているのを知ることは、我々にとって勝利の為の欲求という燃料を供給することだった。そして我々は勝った! サイトスタッフがYouTubeで見つけた以下のリンクにてリバプール戦でラメンゴの勝利のビデオを完全にご覧いただける。 ……

in [ニュース]

全文を読む

2011年総括

[2012.01.05]

短いコメントで1年間を要約するのは常に困難な作業である。数多くの出来事や良い思いでがあるので、いつも何かいいものが忘れられてしまう。2011年を私の記憶で振り返ってみたい。 サッカーを愛する市民の育成において、私が開発した方法をブラジルに広めるジーコ10サッカースクールにとって、重要な成長の1年となった。コミュニティにプロジェクトを持って行って、リオデジャネイロでパートナーシップを結ぶこともできた。2011年は様々な地域での警察の協力もあった。州警察と共に我々の活動を広めること。それは私を二重に喜ばせることである。 若者やサッカーに関連するプロジェクトにおいて、ロナウドと私の最初のパートナーシップで、既に成功しているPneraの開発を言及せずにはいられない。ブラジル中の子どもたちに自分の技術スキルをみせるためにチャンスを与え、そして何人かにはビッグクラブでトレーニングする夢の実現につながる。 ブラジル選手権ではコリンチャンスが優勝したが、リオデジャネイロのチームの活躍が目立った。リオの4チームは最後までタイトルを争った、そしてフラメンゴ、フルミネンセとヴァスコはリベルタドーレス杯への出場権を獲得した。これは珍しいこと。ボタフォゴは最終ラウンドで失速しなければ、タイトルを争えていた。また、今年8月にはバスコのリカルド・ゴメス監督が試合中脳卒中になったが、神のおかげで回復。ヴァスコの躍進の原動力にもなった。 ブラジル選手権で優勝に値するチームはコリンチャンスだった。もちろん、今年サントスは我々に多くの素晴らしいプレーを見せてくれた。特に若者ネイマールのおかげで。残念ながら年末でのクラブワールドカップ決勝の大敗で少し輝きを失ったようにも見える。しかし、対戦相手のバルセロナは代表チームのようで、メッシを中心に素晴らしいサッカーを見せている。私は選手たちや世代を比較することは好きではないが、よく見ると我々の1981年のフラメンゴは現在のバルセロナの多くの特徴を持っていたことは事実である。我がチームはバルサと同様に前半でリバプールを3-0で終えたこと。それから30年が過ぎた。今年私はかつてのチームメイトとその日を祝うことができなかったが、歴史は永遠に記憶に残されている。 私の仕事のキャリアでは、新しい挑戦のスタートした年であった。私はイラク代表監督の任務を受けた。長年にわたって内外の紛争の後に平和を模索している国。いくつかの場所では破壊された状態にある。復旧するための苦悶がある。イラク代表の我々スタッフには選手の能力が見えるている。我々は国のサッカーを発展させる必要がある。私はチームがワールドカップへ行く事を手伝うために使命を任された。そして早期に予選の最終予選の出場資格を獲得した後、ワールドカップ出場へ私は自信を持って進んでいる。 プライベートでは、私の息子アルトゥール・ジュニオルが4人目になる孫を私にプレゼントしてくれた。アルトゥール第3世代だ。フェリペ、ガブリエルとアントニオの後、今年の孫が誕生しtら。私がフットサルチームを構成するのにはまだ1人足りない(笑)大きくなっていく家族で多くの喜びがあった。 生命の誕生という喜びもあったが、大きな損失もあった。ソクラテス元選手は、勇敢に健康状態と戦った後に、我々のもとを去った。“マグロン”は82年の代表チームで素晴らしい仲間だった。私がサッカーにおいて作った友達。彼は勇敢で政治家でもあった。ピッチ内外で非常に知的な人だった。2011年にスポーツにおいて我々にとって最も大きな損失の一つである。 2012年は、健康、平和と多くの喜びがやってくるように期待したい! ……

in [ジーコの主張]

全文を読む

SIGOLのオールスターハイライト映像

[2012.01.04]

……

in [ニュース]

全文を読む

ジーコがネイマールにユニホームをプレゼント

[2012.01.03]

……

in [ニュース]

全文を読む

スターゲームハイライト映像

[2012.01.02]

……

in [ニュース]

全文を読む

新年明けましておめでとうございます!

[2012.01.01]

……

in [ニュース]

全文を読む

< 2011年12月 | | 2012年2月 >