日伯友好カップ

打ち上げはみんなでシュハスコ

[2011.08.31]

ブラジル遠征も、いよいよ明日が最終日となりました。最後の夕食は、Jリーグ選抜、鹿島アントラーズ、ノルテ、つくばの4チームが全員揃って、ホテルに程近いシュハスカリーアへ繰り出しました。

シュハスコとは、日本でもかなり定着した感のある、ブラジル流の焼き肉。まずは、サラダバーで、思い思いに野菜などをお皿に取ります。

Photo_35

串刺しで焼かれたお肉は、テーブルで切り分けてもらいます。

Photo_36

Photo_37

あとは、ひたすら食べる、食べる!

Photo_38

振り返れば、成田空港で初めて集まったJリーグ選抜も、選手と指導陣みんなで、共に戦い、共に笑った遠征中に、すっかり、かけがえのない仲間になりました。

Photo_39

Photo_40

Photo_41

鹿島3チームも、チームワークと個性で、ハードな遠征を乗り越え、目一杯満喫しました。

Photo_42

Photo_43

Photo_44

実はこのシュハスコ夕食会には、サプライズがありました。アントラーズの寺門宥斗選手と、Jリーグ選抜の佐々木一樹団長の、お誕生日のお祝いが行なわれたのです。

Photo_45

寺門選手には、代表して賀谷英司監督から、ジーコサッカーセンターのユニフォームが贈られました。

Photo_46

佐々木団長には、代表して河崎淳一監督から、ジーコの古巣フラメンゴのユニフォーム。60歳の誕生日を記念して、なんと背番号60です!

Photo_47

そして、もう1つのプレゼントは、Jリーグ選抜の選手による、お祝いのダンス。

Photo_48

ちなみに、楽しい打ち上げを、爆笑で締めくくってくれたお調子者は、この人です。

Photo_49

どのテーブルも、たくさん食べて、おしゃべりして、大いに笑った夕食会でした。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >