日伯友好カップ

つくば、2得点ゲット!

[2011.08.30]

つくばの第3戦は、CTで11時30分キックオフ。昨日のサントス戦で手応えをつかんだ選手達は、元気とやる気がいっぱいです。

Photo_43
Photo_44
まずは、早めに着いたことを活かして、9時30分からプレーしている、アントラーズの試合を観戦。仲間達の熱い戦いに、つくばの面々も闘志を燃やします。

Photo_45
この日の相手は、ノーヴァ・イグアスー。元ブラジル代表、日本では横浜フリューゲルスでもプレーした、ジーニョが地元自治体と一緒に運営しているチームです。

Photo_46
Photo_47
つくばの選手達は、やる気と、それを体現するアグレッシブなプレーに反し、前半に1点を奪われ、ハーフタイムは納得いかない様子。

Photo_52
しかし、ついにつくばの攻撃戦線がブレイクする時がきました。後半、ノーヴァ・イグアスーにも3点を追加されたものの、つくばも、広瀬澪央選手、三輪泰平選手がゴール!
試合は2対4で敗れたものの、見どころの多い戦いとなりました。

Photo_48
Photo_50
Photo_51

出場メンバー


GK:金子(池末)

DF:木村(三輪)、長谷川(杉村)、高根、綿引

MF:、広瀬、内山(野村)、小澤(宮内)、矢幡

FW:深尾、吉田(方喰)


つくばの得点者:
広瀬澪央、三輪泰平

★土田哲也監督監督の総括

Photo_54

やっぱり3試合目、決勝トーナメントの可能性はなかったんですけど、意地として、「勝つ」ということを、1つの大きな目標としてやりました。敗戦という結果になったのは、残念なことでした。

試合の展開的には、立ちあがりから、思ったよりも前からのプレッシャーをかけられなくて、それもあって、なかなか後ろからも押し上げが効かずに、という感じでした。もうちょっと前からいければ、というところがあったんですが、それでも、それほど大きなピンチもなく、逆に中盤は支配できていたんで、その流れで、得点ができれば、良かったんですけどね。後ろからの押し上げもなかったので、なかなか、シュートチャンスを作れませんでした。

数少ないピンチの中から、失点を招いてしまったというのが、これまでの試合展開と、あまり変わらない部分で、逆に言うと、そこがブラジル人選手だなと。数少ないチャンスでもゴールに繋げてくるという、「ゴールへの執念」という、一言では言いきれないんですけど、精度だったり、ゴール前の迫力だったり、そういうところは素晴らしいなと思いました。逆に、そこを守り切れないところは、大きな課題ですね。

ただ、1戦目でなかなか攻撃に繋げられなかったのが、2戦目で決定的な局面が増えた。ただ、ゴールできなかったのが、3戦目の今日のゲームで2得点ですけど、ゴールを得られた。それを考えると、1つ進歩があったのかな、と。失点もしましたけど、1点取って、2点取って、次、3点目、4点目、という勢いでもって、最後まであきらめず頑張った選手達の姿勢、というのは、褒めてあげたいかなと思います。

 

今回の遠征では、精神的な部分や、個々のプレーの何が通用したか、しなかったかというところを、自分自身で評価をするためにも、持っている力をすべて出して戦え、と最初に選手達に言いました。出しきれたかどうか、というのは自分で分かっていると思います。力を出しきれなかったと思う選手は、今後、その悔しさを、また、出しきれた選手は、その中で、それぞれが感じた部分を、日本に帰って活かして欲しいですね。

私らも、感じたことは、アントラーズの各チームの指導者に話したり、選手個々にも投げかけていきたいと思います。ここで経験したことは、あくまでスタートでしかない。ここで経験したことを、自分の持った見識として活かし、日本に帰って実行に移してこそ、初めて、前進があると思うので、それを、選手達にも要求し続けていきたいと思います。

★広瀬澪央選手の収穫

Photo_56

今日のゴールは、味方の人がシュートを打って、こぼれて来たのを、ゴールに流し込んだ感じです。でも、後半の最後の方とか、バテたりしたので、そういうところは、体力をつけていかないといけないなと思いました。

ブラジルに来て、ハイプレッシャーの中で、少し、自分のプレーが出せるようになってきたので、それは、日本に帰っても継続していきたいです。近い目標は、高円宮杯があるので、全国に向けて頑張っていくことです。将来はサッカーでトッププレーヤーになりたいと思います。

★三輪泰平選手の収穫

Photo_57 今日のゴールの場面では、味方がシュートを打った後に、そのこぼれ球を、ちょっと相手をかわしてから、左足で振り抜きました。

今日は途中から出場で、みんなを元気づけようと、頑張って盛り上げました。ボールを何度も取られたし、良くない部分もあったんですけど、いい経験になったし、そこそこの出来だと思います。

3試合を通して、ブラジル人相手でも、落ち着いてボールを回せるようになったし、自分でも仕掛けるようになったし、結構通用したので、それは、今後に向けての良い方針になると思います。日本に帰っても、自分の得意とするドリブルを磨いて、相手を抜きたいと思います。

今後は、まずは自分がレベルアップして、高円宮杯の全国大会で良い結果を出したいと思います。将来は、みんなに憧れられるようなサッカー選手になりたいと思います。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique


in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >