日伯友好カップ

アントラーズ、ついに1勝!

[2011.08.30]

鹿島アントラーズの第3戦は、CTでの開催。朝9時30分ながらも、リオの強い日差しの中で、チーム一同、気合が入ります。

Photo_27
アントラーズの対戦相手は、アメリカ。ジーコの実兄、日本代表アシスタントコーチも務めた、エドゥーの古巣で、ブラジルで有名な古豪です。
ともかくゴール、そして1勝。その思いを胸に、力強く戦うアントラーズ。そして、ついに前半、内田隼太選手の先制ゴールが決まりました!

Photo_28
Photo_29
Photo_30
そのまま、1対0でハーフタイムに突入。ここまでのバランスの取れた戦いを維持するべく、短い時間ながらも、丁寧な確認作業が行なわれます。

Photo_31
後半も、相手にアントラーズは追加点を狙い、逆に相手にはチャンスを許さない、高レベルの戦いを展開。

Photo_32
Photo_33
そして、ホイッスル。1対0.アントラーズが、念願の1勝を達成したのです!
頑張ってきたことが、報われた瞬間。選手達の笑顔が弾けました。

Photo_34
Photo_35
Photo_36
Photo_37
出場メンバー


GK:隈元

DF:坂場、中村、寺門、小室(弘津)

MF:酒井、大橋、吉野、鈴木

FW:内田(菊地優汰)、安藤(菊地隼介)


アントラーズの得点者:
内田隼太

★河崎淳一監督の総括

Photo_39

今日の試合は、予選リーグ敗退がもう決まっている中での試合だったんで、気持ち的には、逆に選手達もリラックスして出来たかな、と思うんですよね。昨日までの2試合は、ブラジル人の速さとか、強さとか、そういうところで、躊躇したり、怖がってしまって、本来のプレーができず、自分達の持っている良さが出て来なかったんです。今日は3試合目だったんで、そうした部分にも慣れてきて、思いきってプレーしていました。1人1人が、自分の持てる力をフルに発揮して、非常にいい結果が生まれたと思います。

★内田隼太選手の収穫

Photo_40

ゴールの場面では、GKと1対1になったんで、GKを抜いて、シュートしました。試合全体で言えば、もっと修正できる点はあると思うんですけど、ゴール決められたのは良かったです。

3日間を通して、1対1の場面では、何回か仕掛けて、抜けたり出来たんで、そこは継続していきたいです。あと、攻守の切り替えなどは、これからまた、修正していきたいと思っています。

日本に帰ったら、高円宮杯で全国に出て、ベスト16に満足することなく、もっと上を目指していきたいです。将来的には、プロのサッカー選手になりたいです。

★隈元隆次選手の収穫

Photo_42今日は、3試合目で無失点に抑えられました。自分の持ち味であるシュートストップや、最近、長所になりつつあるハイボールで、うまくできたところは、自分にとっての収穫だったと思います。

この3試合を通して、最初は前めに、自分から仕掛けるプレーを心掛けてやっていて、それができたところは、すごく良かったところです。逆に、挑戦してミスした時の、切り替えが少し遅いところがあったので、それを今後に向けて直していきたいです。

近い目標では、まず、中学校の間に日本一なること。将来的には、海外で活躍できるようなプレーヤーになりたいです。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

 

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >