日伯友好カップ

Jリーグ選抜初戦、渾身の1ゴールも敗戦

[2011.08.27]

Jリーグ選抜の初戦も、CFZで11時30分にキックオフ。相手は、これまたブラジル屈指の伝統クラブ、フラメンゴです。入念にウォーミングアップを行ない、いざ、ピッチへ。

Photo_9

Photo_12
Photo_14
強豪が相手でも臆することなく、ボールを奪われても食らいつくJリーグ選抜。闘志あふれる選手達に、松橋力蔵監督は、さらに「自分でやれ!」「前を向け!」「タイミングを考えれば、ビッグチャンスになるぞ!」と、積極性を求める指示。選手達もそれに応え、この大会のために結成された急造チームだけに、チームメイト同士で盛んに指示を出し合い、コンビネーション不足を補います。

ところが、ペナルティエリアでJリーグ選抜にハンドの判定。それによるPKを決められ、フラメンゴに0対1とビハインドを背負います。

Photo_15

Photo_16

Photo_17
ハーフタイムも、松橋監督は「まずは自分達で話しあっておきたいことを、話せ。」と、まずは選手達に時間を与えます。その後の戦術確認も、選手達に質問する形で進める監督。選手の自主性や、考える力を要求する、粘り強い指導が続きます。

Photo_18
後半も、お互い一歩も譲らない好ゲーム。Jリーグ選抜に惜しいシュートのシーンも生まれます。しかし、ゴールはフラメンゴの追加点。中盤で奪われたボールを、そのまま持ち込まれて、0対2。

そのJリーグ選抜に、待望の大会初得点!相手GKが弾いたボールを、奥川雅也選手が落ち着いて決めました。1対2。

しかし、その後、フラメンゴにもう1点を奪われました。赤塚選手が足をつらせて交代、というアクシデントもあり、最終的に、1対3。スコア以上の内容だっただけに、惜しい敗戦となりました。

Photo_19
Photo_20


Jリーグ選抜

GK:斎藤

DF:田中(高部)、吉原、高山、佐々木(藤田)

MF:中野、佐藤(奥川)、赤塚(山口)、井手口

FW:大島、岡田(遠山)


Jリーグ選抜の得点者:奥川雅也

★松橋力蔵監督の総括

Photo_21

個々の小さな局面で、できることの明確な差があり、勉強になりました。日本人選手も、そういった中でも、はっきりした質の高いテクニックを発揮しないといけないと思う。フラメンゴは、プレッシャーの中でも、基本的な技術ができているし、DFも中盤もFWも、個人的にできる部分が多いのが素晴らしいですね。

 



★佐藤陸選手の収穫

Photo_23

今日の自分の出来具合は、ボールには絡めたんですけど、前への士気が低かったので、明日からは、そこのところを高めていきたいと思います。ブラジル人はやっぱり背が高いのと、フィジカルが強くて、まだ日本人にはない武器が、たくさんあったと思います。今日の相手のフラメンゴで感じた、フィジカルの強さや、気持ちの強さを、ブラジルで学んでいきたいと思います。

 


★中野雅臣選手の収穫

Photo_24

昨日の練習から、徐々に調子があがってきて、今日の初戦では、100%ではなかったですけど、徐々にいいプレーができてきたと思います。ブラジル人は、球際の強さと、絶対に負けないという、強い気持ちっていうのが、プレーに現れていて、そこは学ぶところだと思いました。僕はサイドでプレーしているんですけど、やっぱりゴールに絡みたいし、後は、1対1で負けない強い気持ちと、攻撃の部分で、ボールにどんどん絡んでいって、自分も得点できればと思います。


文:藤原清美、写真:Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >