日伯友好カップ

ノルテ、苦闘で大敗

[2011.08.28]

ノルテの第2戦も、CFZで11時30分のキックオフ。この日も、遠征を目一杯活かしたいノルテは、早めに会場入りし、他チームの試合を観戦します。

Photo_33

そして、じっくりとウォーミングアップを行ない、いざ、キックオフ。

Photo_34

Photo_35

この日の相手は、CFZ・ド・リオ。この会場を本拠地とするクラブです。クラブ関係者や、選手達の家族など、観客も多く詰めかけた中、まさにアウェーの雰囲気の中で、果敢に攻めるノルテ。しかし、前半で思いがけない、2失点をしてしまいます。

Photo_36

Photo_37

Photo_38

ハーフタイムに、ベンチで呆然とする選手達。具体的な確認をする森島修監督と、それに対して、返事もできないほど落ち込んだ選手達に、「声を出せ!」と、気合を入れる賀谷英司監督。ダブル監督のコンビネーションで、立て直しを図り、ピッチに送り出します。

Photo_39

後半、GK塚本選手が、足を傷めて担架で運ばれるアクシデント。大事には至らなかったものの、そのまま交代します。代わって入った井坂選手は、ゴールを守ると共に、チームに声をかけ、元気も注入。しかし、さらに2点を奪われ、ノルテ、苦しい0対4で試合を終えました。

Photo_41

Photo_42

出場メンバー

GK:塚本(井坂)

DF:古塚(松本)、金川、中野、岡野

MF:方波見(仲田)、岡田(柳澤)、鏑谷、水書

FW:石川、額賀

★賀谷英司監督の総括

Photo_43

今日は0対4で大敗しましたけど、いいところもあったし、まだまだ変えていかなきゃいけないな、というところも感じましたんで、この期間の間に、また少しでも、意識を変えられるようにしたいと思います。

日本とブラジルのサッカーで、何が違うかと言えば、攻撃。ゴールに向かっていく、というところがすごいし、サッカーがはっきりしているんです。ボールを前に運んで、みんなでゴールを目指していく、っていうところを、子供達には学んで欲しいですね。

日本に関しては、今の中学生年代っていうのは、ボールを前に運ぶっていうより、パスを繋ぎながら、ゴールを目指すっていうサッカーなんですね。そういうところで、少し、ゴールに直結するプレーというのを、肌で感じて欲しいな、というのはあります。

指導者としては今回、1人1人の技術的なものと、フィジカル的なこと、それから、戦い方、戦術っていうのを、ちょっと細かく見ていきたいなっていうのはありますし、日本のサッカーに、少しでもプラスでもなるようなことを、見ていこうとしています。


★金川成也選手の収穫

Photo_44

今日の前半は、フィジカル面でも互角にやれて、いい部分はあったんですけど、後半になってくると、やっぱりスタミナが落ちてきて、球際の強さが、少しなかったかなと思います。ブラジル人はやっぱり、スピードとテクニックとパワーがあって、日本人とは違うなと思いました。でも、球際の強さや、フィジカルなどで負けないように頑張りたいです。

★岡田拓巳選手の収穫

Photo_45

今日は、結果は大敗してしまったんですけど、前半の方とか、特にチームとしても、粘ってプレーできたと思うし、自分としては、相手の速いプレッシャーの中でも、何回か、ドリブルとかパスとか、自分の得意なプレーができて、良かったと思います。

ブラジル人はやっぱり、スピードも、パワーも、技術も、何もかも違います。一番違うのは、勝利への執着感というか、とにかく勝ちにこだわるというところで、日本人とは全然背負っているものが違うというか、すごい気持ちを感じさせられます。

僕も、相手の速いプレッシャーとか、速いプレス、強い当たりに負けないように、自分のスピードで、どんどん相手をかわしていったり、スルーパスを出したり、チームで点を取って勝てるようにしたいです。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >