日伯友好カップ

つくば、敗戦にも収穫・大!

[2011.08.28]

つくばの第2戦も、9時30分、CTでの試合。こちらもプロチームの強さはもちろん、育成に定評のある、サントスが相手です。

Photo_9

つくばは相手陣地に果敢に攻め込みますが、前半でサントスに、2点を許してしまいました。

Photo_10

Photo_11

しかし、ビハインドを背負っているとは言え、ハーフタイムの選手達が、イキイキしています。「ブラジルのチームとやるの、すげえ面白い!」「後半、いけるよ!」「今日はやれるよ!」と、口々に言い合う選手達。土田哲也監督が「昨日のよりシュートの意識が高いぞ!このまま行こう!」と語りかければ、選手達も「1点決めよう、1点!」と応じます。

Photo_13

結局、ゴールを決めることはできず、逆に2点を追加され、結果としては0対4になってしまったのですが、選手達の元気な表情は、何か、手ごたえをつかんだ様子。明日の最終戦が、楽しみになりました!

Photo_14
Photo_15

出場メンバー



GK:池末

DF:木村、長谷川、高根、綿引(方喰)

MF:三輪、杉村、矢幡、野村(吉田)

FW:小澤、宮内(広瀬)

★土田哲也監督の総括

Photo_16

またもや0対4で負けてしまいました。ただ、同じ0対4でも、昨日から、選手達の成長が見られたんで、前向きに考えると、良かったかなと思います。

昨日は、守備のところは出来ていた部分もあったんですけど、攻撃に関して、なかなか前に出て行けない、という反省点がありました。その点に関して、今日は、非常に積極的にゴールに向かう意識も見られて、圧倒的に、昨日よりもチャンスが多かったです。決定的な場面も4、5回あって、そういうチャンスを作れた、という意味では、昨日から見ると、成長したかな、と。

ただ、そこを決め切れない、というのが、日本人の、と言うか、彼らの足りないところで、そこは1つ、ブラジル人との大きな差でもあります。決定的な場面、今は取らなきゃっていう時の、ゴール前での集中力とか、精度という部分で、また課題が残りますね。

ただ、4失点はしたんですけど、他にもやられてもおかしくなかった場面で体を張って守ったとか、最後まで粘り強く対応した、というところは、結構ありましたので、プラスに考えると、いい面も出ました。

試合の内容を見ても、中盤でゲームを作れたというのは、おそらくウチの方が良かったと思います。ただ、終わってみれば負けているので、そこが大きな差ですね。毎年、それは感じます。

明日の第1の目標は、選手達も口々に言ってるんですけど、点を取ること。ゼロ、ゼロで来ているので、点を取るのが、一番大きな目標です。そして、勝つ。結果にこだわって、戦いたいと思います。

★池末雄紀選手の収穫

Photo_17

今日は、失点しちゃったという面で、やっぱり、そんなに良くないです。でも、自分の武器である、ハイボールとか、キックとかが出来たりして、結構、自分はブラジルでも通用するところがある、というのが、はっきり分かって良かったです。

ブラジル人は、ゴールが見えたら、すぐシュートを打ったり、日本と比べて、ボールへの執着心が全然違って、試合してて、すごく楽しかったです。僕も、ブラジル人みたいに、勝利への執着心を、もっと見習って、日本での試合に活かしたいです。

★長谷川大輔選手(つくば)の収穫

Photo_18

今日は、相手のフィジカルも、とてもすごかったけど、自分なりにしっかり出来ました。ただ、ブラジル人はフィジカルもすごくて、テクニックもあって、ボールも難しかったです。ディフェンスなんで、明日はヘディングとかも負けないで、しっかり無失点で抑えられるように頑張りたいです。


文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >