日伯友好カップ

大会開幕、ノルテ激戦

[2011.08.27]

日本ブラジル友好カップ、いよいよ本大会の開幕です!
朝8時30分からは、華やかに開会式。ブラスバンドの音楽に乗せて、選手達の行進。日本勢からは、4チームを代表して、この後、CFZ(ジーコサッカーセンター)で試合を行なう、鹿島ノルテが参加しました。

Photo
この開会式には、かわいいゲスト達がたくさん登場しました。ジーコが全国展開している、地域密着の無料のサッカースクール「エスコーラ・ジーコ10」。その中から、映画の舞台にもなったスラム「シダージ・ジ・デウス(シティ・オブ・ゴッド)」校で、サッカーに取り組む子供達が、各参加チームの旗を持って、一緒に行進したのです。
その子供達、ノルテのお兄さん達に興味津々。選手達も笑顔で、厳しい戦いの前の、和やかな光景が見られました。

Photo_2
Photo_3
開会式の後、試合の準備に入る束の間の時間も、貪欲に活かす選手達は、早速、他チームの試合を観戦。

Photo_4
それにしても、ノルテの優しいお兄さん達、シダージ・ジ・デウスの子供達に、よっぽど気に入られたようです。言葉が通じなくても、子供達は選手達とお話がしたくて、しょうがない様子でした。

Photo_5
そして、いよいよ試合。ノルテの対戦相手は、初戦からコリンチャンスと、強豪中の強豪です。前半から粘り強い戦いで、観戦しているブラジル人達も「やるじゃないか、日本人」と、驚いた様子。
ただ、キックオフの11時30分には、気温も30度のピーカン。遠征の疲れが、じわじわと選手に響いてきます。ハーフタイムには、チームの戦術、個々のポジショニングと、確認を行なったのですが、後半、序盤に1点を奪われると、守備に追われる展開に。最終的に、0対3で、敗れてしまいました。

ノルテ0-3コリンチャンス

出場メンバー

GK:井坂
DF:仲田、金川(岡田)、中野、岡野

MF:方波見、松本、柳澤(古塚)、水書

FW:石川、鏑谷

★森島修監督の総括

Photo_6

1年前に来て戦ってみて、今年も去年と同じような戦い方をテーマに挑んでいます。やはり、今年も厳しい戦いの中で、前半は良くて、守備のところは、みんな一生懸命やっているんです。しかし、後半10分過ぎぐらいに点を取られて、例年のごとく、そこから、とんとんと失点を重ねてしまい、結局0対3でやられてしまった、という形になってしまいました。ただ、その中で選手は良い部分も悪い部分も、感じ取れたかなとは思うので、それを明日のゲームに繋げて欲しいですね。また、切り替えて、明日頑張りたいなと思っています。

選手達には、日本では感じ取れないもの、例えば、ルーズボールの戦いや、ボールに対する執念などを、学んで帰って欲しいなと。この年代で一番大事な好守の切り替えという部分では、ブラジルの選手に習うところが大きいので、その部分をまず一番に感じ取って欲しいなと思っています。

今回は、アントラーズ、ノルテ、つくばの3校の選手を集めていますので、その選手1人1人が、どんな特徴を持って、その特徴を、このブラジルでどう活かせるか、そういったところを、短い期間ですけどしっかり見てあげたいですね。それを、各校の指導者に伝えて、今後、選手が伸びるための材料にしたいです。

 

★鏑谷悠選手の収穫

Photo_7

今日は、初日にしては、入りが良かったと思います。あとは、シュートが良く打てなかったんで、次の試合から、もっと打てるようにしたいと思います。ブラジル人は背が高くて、体が大きいので、そこが印象的でした。僕はFWなので、まず、今大会ではゴールを決めたいと思います。あと、ブラジルの人はテクニックがすごいんで、そこを学びたいと思います。



★方波見涼甫選手の収穫

Photo_8

ブラジル人はガタイが良くて、スピードもあって速かったんですけど、今日はそこで負けないように、頑張ってプレーしました。この遠征では、個人的には、点数を取って、アシストもして、帰りたいです。


文=藤原清美、写真=Jorge Ventura/George Henrique

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >