日伯友好カップ

ノルテ、一矢を報いる

[2011.08.30]

日本ブラジル友好カップも、予選リーグ最終日を迎えました。朝9時30分にも関わらず、30度を超す晴天のもと、鹿島ノルテの第3戦は、オラリーアとの対戦です。

Photo_8

前半、オラリーアに2点を奪われたノルテですが、この日のノルテは、ついに一矢を報います。

大宮智徳選手が、渾身の1ゴール!1対2と追い上げて、前半を終えました。

Photo
Photo_2
Photo_3
このまま、一気に逆転したいノルテ。ハーフタイムの確認作業も、意気込みが違います。

Photo_4
残念ながら、後半はオラリーアに追加点を奪われ、結果は1対3の敗戦。しかし、どうしても欲しくて、ここまで奪えなかった得点を、最終日に決めたノルテの選手達は、最後まで好守にイキイキと、プレーしていました。

Photo_5
Photo_6
試合後、互いの健闘を称え合う両チームの選手達。中でも、松本竜星選手が、1人、ピッチを歩き回り、相手選手全員と抱き合い、審判に握手を求め、オラリーアベンチの指導陣に挨拶をし、丁寧に戦いを締めくくっている様子が、とても印象的でした。

Photo_7

出場メンバー


GK:井坂(塚本)

DF:松本、金川、中野、水書

MF:古塚(仲田)、方波見、柳澤、石川

FW:大宮(鏑谷)、額賀(岡田)


ノルテの得点者:大宮智徳

★森島修監督の総括

Photo_9

今日のゲームに関しては、ここ2日間、得点をしていないので、点を取って、最後、勝とういう目標のもとに、いきました。結果1対3でしたが、最低限の、得点を取るというところでいけば、目標は達成できたかな、と。個人個人、すごく良い面も出たし、課題もやっぱり出たので、選手がこれを、今後に活かしてくれればいいなと思っています。

毎年感じることですけど、選手自身、初戦、2戦目、3戦目と、だんだん慣れてきて、その頃に終わってしまったのが、ちょっと残念ですね。ただ、ブラジルの選手が相手でも、何をしないといけないか、というところはつかめて、すごく戦えるようになってきたことが、一番収穫かな、という感じはします。後は、これを各チームに戻って、活かせるように指導していきたいね。

★大宮智徳選手の収穫

Photo_11

ゴールの場面では、自分も良い動きが出来て、チームメイトの方波見君がいいボールを出してくれたので、そこは決めるだけだと思って、打ちました。

今回の3試合を通して、自分ではボールは持てたけど、周りを見て、パスをすることができなかったのが、残念だと思います。これからも、試合に出て、たくさんいい活躍ができるように、頑張りたいです。

★額賀優斗選手の収穫

Photo_13

今日の自分の出来は、まあまあです。ドリブルとかでは通用しているところもあるけど、フィジカル面で弱かったっていうか、あまりブラジル人にかなわなかったです。3試合を通しても、ドリブルとかはできたんですが、球際で勝つことができなかったです。今後は、ドリブルもできて、パスもできる選手になりたいです。

文=藤原清美、写真=Jorge Ventura / George Henrique


in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >