バックナンバー

Zico Na Área に Joel Santanaが出演

[2011.05.30]

5月12日の TV Esporte Interativo の番組でジーコと共にMauro Beting がゲストを迎える Zico Na Áreaにリオ州選手権で最多タイトルを獲得した「リオの王様」 Joel Santanaが出演した。 ……

全文を読む

Zico Na Área にベベットが出演

[2011.05.23]

4月末にジーコの番組であるZico Na ÁreaにジャーナリストのMauro Betingと共にベベットが出演した。 その時の映像をご覧ください。。 ……

in [ニュース]

全文を読む

Zico na Area にパヘイラ監督出演

[2011.05.16]

先週のZico na Area番組のゲストは、カルロスアルベルトパヘイラ監督でした。 Mauro Betingと共にジーコは、ブラジル代表時代やコリンチャンスのチームでの事などを振り返った。……

in [ニュース]

全文を読む

ジーコ10が活動を広げる

[2011.05.07]

4月初旬、アントニオ・アナスタシア知事がジーコを迎え話し合いが行われた。その際にジーコ10プロジェクトを紹介した。スポーツと教育を組み合わせたプログラムは、すでにブラジルの15州以上で5歳から16歳までおよそ15000人の子供たちを援助している。ミナス・ジェライス州では、ポーソス・デ・カルダス、モンテス・クラロスやジュイース・デ・フォラのような町で活動している。 今回のジーコの趣旨はベロ・オリゾンテと首都圏を含む同州の他の町でこのプロジェクトを行うために州政府の支援を受けること。このプロジェクトは貧しい地域の子どもたちを対象としている。子供達はサッカーをするために無料でピッチを使用し、プロジェクトの先生の指導を受ける。 ジーコの意向は、学校の運用のために州政府から場所を提供してもらうことである。新人コーチの採用やトレーニング、スポーツ用具はジーコの会社が用意する。 ジーコ10サッカースクールに入るためには、子供たちは毎日の登校と良い成績を証明することが必要である。 「これまでに見てきた結果だと、恩恵を受けた子供はそのチャンスを失いたくないので、行動にも変化が生まれている。目的はサッカー選手を育成することよりも、サッカーを通して市民を育成することなのでよい方向に行っていることは嬉しい」とジーコが述べた。 ジーコによると、プロジェクトの実施可能な地域をチェックし、可能性を調査するために、彼のスタッフが関係ある州局とミーティングを行う予定。会議には上院議員のアエーシオ・ネベスと下院議員のロドリゴ・デ・カストロも出席した。 ……

in [ニュース]

全文を読む

監督達の綱渡り

[2011.05.06]

2011もすでに数カ月が過ぎて、ブラジルの北部から南部まで数多くの監督が既に解任された。これは毎年繰り返される事実で今回のテーマである。 ブラジルのどこへ行っても、私は常に2つの質問をされる。1つは、私がいつフラメンゴの社長になるかということ。そうしてもう1つは、なぜ私がブラジル国内でサッカー監督として活動しないかということ。両質問の答えには関係がある。私がブラジルで監督として数多くのオファーを断った主な理由は、まずは私のフラメンゴとの関係がある。でも理由はそれだけではない。 監督になるということは、常に結果という綱渡りをしながら歩くということ。ブラジルでは、クラブに足を踏み入れた瞬間から綱が弛んでいる上、切れそうになっている。365日の周期を完了できるような監督を持つことができないまま何年間も過ごしてきてるクラブがいることを示している統計を私は読んだことがある。クラブにおいて監督就任期間は平均1年未満である。 4月になって、リオ・サンパウロ中心または南部と北東においても、監督の行ったり来たりのリストはもう膨大になっている。私が不思議なのは、州選手権での結果で監督解任を導いてはならないと思うのだが、一般的にはそういう風に考えてないこと。そして監督を変えていく。 現在、その現象は、ある意味で国際的である。外国でも多くの決定者を持つクラブでは、その決定はほとんど熱情のこもった基準に従い、監督のためのロープも到着した時点から断片になっている。私自身も2回その感覚を味わった。 私は、「計画」という単語を適用せずに力を失った事実を知っている。しかし、実際に計画は長期的には差が明らかになる。クラブは今日、おそらく明日でもタイトルを獲得することができる、しかし偉大なチームは長い、難しい、そして現在ある程度のプロ意識の高レベルの作業によって歴史に残っていく。プロジェクトを考えて、サポートを与え、同じ割合で要求して採用する必要がある。我々のブラジル国内でそれがない。 我々は親友のファルコンがインテルナシオナルの新監督に就任したというグッドニュースを聞いた。彼にとって困難は、試合の解説者として活動するためにピッチから離れていた期間に勝つことと、通常どの監督でも望む任務、過去においてブラジル代表チームを率いて監督経歴をスタートしたこと。しかし、心を寄せているチームに入団し、偉大な仕事をする能力を持っているファルコンを私は応援している。綱渡りで幸運を祈っている… では、また!……

in [ジーコの主張]

全文を読む

ジーコがビトリア・ダ・コンキスタの議会で表彰される

[2011.05.05]

スポーツを通して社会的貢献活動をしていて、サッカーの偉大なアイドルでもあるジーコに敬意を表した特別会議が2月にビトリア・ダ・コンキスタ町行われた。参加者はジーコ、「ジーコ‐人生の教訓」の著者でSite da Cidadeの代表取締役マールクス・ヴィニーシウス・B・ヌーネス、ギレルメ・メネゼス市長、ECPPビトリア・ダ・コンキスタチームの社長エデルラネ・アモリン、セハノの取締役アントニオ・カブラルと議会の役員達。 この会議はジャーナリストのマールクス・ヴィニーシウスによって提案された。一般の人々やフラメンゴのファン、現地のマスコミが出席した。 ジーコは、スポーツ、文化、社会的貢献活動において傑出した人物に敬意を表すためのMedalha Mérito do Legislativo【議会のメリットメダル】を受賞した。彼はその名誉を受ける初めての人である。議会においてジーコに対する敬意は、市会議員ジルダージオ・シルベイラ(PT労働者党)によって市会議員全員に承認された。 コンキスタのチームの社長、エデルラネ・アモリンは、ビトリア・ダ・コンキスタ町でジーコを歓迎できることを感謝し、Zico10プロジェクトの重要性を強調した。「社会のための肯定的な行動であり、我々の国に対する大きな重大さを持つ。我々の社会の将来のあらゆる問題を最小にするような予防措置であり、我々は得ることばかりなので、ジーコがやっている仕事を真似する必要がある」 Site da Cidadeの代表取締役マールクス・ヴィニーシウスは、Zico10プロジェクトによってすべての子供や若者の教育におけるスポーツの役割の重要性について話した。そして、Site da Cidadeの真剣なジャーナリズムの義務も強調した。 市会議員のジルダージオ・ペレイラ(PT)は、彼自身によって手作業で製造されたボールで、サッカーへの情熱を非常に感動しながら思い出した。また、社会全体を尊重し、田舎にサッカーを普及させる重要性を強調した。ジーコをを祝福してスピーチを終えた。「私は、ジーコの人生の道程、真剣さとZico10プロジェクトを祝福したい。ブラジルは、彼が謙虚な者であることを誇りに思っている。そして、ビトリア・ダ・コンキスタは、その偉大なパーソナリティへ初めての表彰できることをとても光栄に思っている。この素晴らしい機会に感謝している。」 ジーコは、町に着いた最初の日から与えられた愛情に対してビトリア・ダ・コンキスタのコミュニティ全体に感謝する言葉を惜しまなかった。議会のメリットメダルに対してもお礼を言った。また、ジーコは自分の歴史について少し語った。フラメンゴでの活動、偉大な勝利、困難や障壁など。彼のキャリアで多くの人からの受けた援助を強調した。その中の一人として、長年の友達でジーコの伝記の著者である、マールクス・ヴィニーシウスがいた。また、Zico10プロジェクトの肯定的な点を指摘した。「私は全て学んだことを伝える活動をしている。そしてそれら全部をプロジェクトによって広めている。私は、Zico10スクールを通してサッカーのためにだけでなく、若者や子供の育成においてももう一つの貢献をしたい」ジーコの目的は、全国にプロジェクトを広げること。そのために15州以上を訪ねたことを明かした、そして現在プロジェクトは1万5000人以上の子供たちをブラジル中で援助している。「より良い国の夢を見て、一人一人の子供の顔に笑顔を見ることは満足感を与えてくれる」そして最後に:「ビトリア・ダ・コンキスタで3日間を過ごす機会と全ての愛情に対してここで皆さん全員にありがとうを言いたい。」と話した。 ジーコの訪問はビトリア・ダ・コンキスタにとって非常に重要で、人々の自然な表明はその訪問の偉大さを示すと、ギレルメ・メネゼス市長が述べた。マールクス・ヴィニーシウスにこの非常にスペシャルな人物を連れてくる機会に対して感謝した。Zico10プロジェクトに対する賞賛を増やした。「ジーコの存在は、我々の懸念とZico10プロジェクトの活動を強化してくれる。我々は、既に14年前から行っているConquista Criança【子供プロジェクト】のように、市役所のプロジェクトとして、または市役所と協定してプロジェクトが連邦範囲で他のプロジェクトを強化することができる。ジーコの訪問はとても歓迎する」。市長は、子供たちが学校に通い続けられるために、親の助力の重要性を強調した。 メダルの他に、ジーコは市会議員ジルゼテ・モレイラ(PSB党)から聖書をプレゼントされた。特別会議はVereadora Carmem Lúcia【カルメン・ルーシア会議員】総会で行われた。ジーコの会いに多くのファンが詰めかけた。……

in [ニュース]

全文を読む

< 2011年4月 | | 2011年6月 >