日伯友好カップ

日本4チーム、初戦は1分3敗(その3)

[2010.08.27]

8月26日

CTでのもう1戦は、鹿島アントラーズ対センダス。
攻めては積極的に仕掛けて行き、逆に波状攻撃にあっても、しっかり守りを固めたアントラーズは、1対1。勝ててもおかしくない戦いを披露しました。

Photo_23

Photo_24

Photo_25

《鹿島アントラーズの試合結果》
鹿島アントラーズ 1-1 センダス
GK 小泉勇人
DF 大竹蓮 堀之内航平 川口大翔 池本陽彦
MF 川上盛司 三塚春輝 菅谷将人 奥津大和
FW 城玲央奈 高田雅貴

鹿島アントラーズの得点者:城玲央奈

★今日の「収穫」

【城玲央奈選手】

Photo_26

今日の感触としては、できるところはできたけど、細かいところ、セットプレーなんかは、もっとじっくりやっていかないといけないと思いました。ブラジル人は背が高いし、ハイボールとかでは負けるけど、勝負すると結構抜けるから、明日もどんどん勝負したいです。
FWなので、負けないように点を取ることが目標です。

【川上盛司選手】

Photo_27

自分なりにはいけてたところもあるんですが、セカンドボールがあまり拾えなくて、ブラジル人の身体能力という場面で、ちょっとやられちゃいました。
日本に帰ったらすぐに大会があるので、そこで活かせるように、激しいプレー、例えば後ろから当たられても、負けないような体を作って帰りたいと思います。

【森島修監督】

Photo_28

ブラジルに来て、練習してすぐゲームということでキツイはずなんですが、選手達は十分体も動いて、勝てなかったけど、良い戦いができたと思います。
選手自身が自信を持って、相手にしかけて行ってくれました。ブラジル人特有の、日本人が疲れてきたところで畳みかけてくるという戦法にも、選手達はじっくり守れたと思います。
日本で初めて決勝トーナメントに行けるように頑張っていきたいですし、ブラジル人の最後まであきらめないというところを実感して、日本に帰っても繋げて欲しいですね。

<文=藤原清美・写真=Jorge Ventura / George Henrique>

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >